餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

モバイルGmailへの葛藤

スポンサーリンク

グーグル(株)は10日、同社のウェブメールサービス“Gmail”を携帯電話機から利用できる新サービス“モバイル Gmail”の提供を開始したと発表した。大容量のウェブメールを携帯電話からでも快適に利用できるように、ログインの自動化や添付ファイルの閲覧機能などを備える。料金は無料で、広告表示も行なわれない。
【アスキー,ASCII.jp】

ついにGmailがモバイル正式対応を表明した。
Gmailの素晴らしさについては、既にPCで堪能しているから、十分にわかっている。超強力なスパム除去(何でこれが通常のプロバイダメールではできないのだ!)と抜群の検索機能、大容量ストレージ、ブラウザによる簡単アクセスと、その魅力は語り尽くせない。
だから、それがモバイル対応となれば、本当なら諸手を挙げて喜びたいところだ。これからは、いつでもどこでも意識せずに、Gmailへアクセスできるのだから、本当に嬉しい…筈だ。
しかし、僕はそれを素直に喜べない。なぜかというと、僕のINFOBARはモバイルGmailに非対応だからなのである。モバイルGmailの正式リリースは4/10であるが、au端末では、随分以前から非公式に使えていた。僕はその情報を知った時、すぐINFOBARでのアクセスを試したのだけれど、未対応のためページが表示できないというメッセージに跳ね返されて涙した覚えがある。
しかし、僕はすぐに気を取り直した。「いや、これは非公式対応だからであって、正式対応の際には、きっと僕のINFOBARにも対応してくれる筈だ。きっとそうに違いない。もう、そうに決まった!」と筒井さん風*1に決めつけていた。
しかし、現実はあまりに無情だった。正式対応のニュースを知って、喜び勇んでアクセスした僕を待ち受けていたのは、やはり、未対応とのメッセージだったのだ。本当に、残念というしかない。
そんなにまでGmailに入れ込んでいるのならば、最新のau端末に買い換えれば済む話だと思うのだけれど、一方で、こよなく愛し続けているINFOBARを捨ててなるものか、という思いは強固だ。だから僕の葛藤はまだまだ続くのである。

*1:僕が敬愛する筒井康隆氏の小説で、登場人物がよく使うフレーズ。原典は、たとえば…うーん思い出せない。支那さんヘルプ!


マラソン・ジョギング ブログランキングへ