餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

武豊の逆襲

スポンサーリンク

アドマイヤムーンが、ドバイで大仕事をやってくれました。世界の強豪が集まった、ドバイ・デューティフリーで見事1着です。とにかく馬の状態は最高によさそうだったので、ボクにとってもビッグチャンスと信じて乗りました。
【武豊オフィシャルホームページ】

武豊は、やはり凄い。脱帽だ。
実を言うと、今年はあまり勝ち星も伸びないし、ニュービギニングやオーシャンエイプスに乗って期待を裏切る展開が続いたりして、どうにも歯車が悪いのではないかと思っていた。
もしかすると、ディープインパクトが引退してしまったことで、一緒に燃え尽きてしまったのかなぁ、などと妄想していたのだけれど、この天才は、そんなに柔な男ではなかった。自ら高松宮記念への出走を進言したというスズカフェニックスで、20年連続G1制覇を達成するや、その返す刀で、海外G1も制覇してしまうのだから、驚くばかりである。
今週の桜花賞は、ウオッカ断然のムードが漂うけれど、この男は決して諦めていない筈だ。「日本G1-海外G1-日本G1」の3週連続制覇というのは過去に例がなく、《快挙大好き》の武豊のことだから、一発狙っているに決まっている。何しろ、過去5勝もしている天下の桜花賞男なのだから。
皐月賞でも、結局はアドマイヤオーラという最有力級の馬が確保できたわけで、クラシックへの舞台は整った。逆襲に目覚めた武豊ほど恐いものはないから、今後も引き続き注目だろう。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ