餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

高松宮記念

スポンサーリンク

実に難解なレースである。
現状の短距離戦線は、実に層が薄い。安定勢力というものはなく、重賞勝ち馬が猫の目のように変わる。少しでも強い外国馬が来ればひとたまりもない脆弱布陣なのは、昨年のスプリンターズステークスが示す通りだ。同じ中京1200メートルの重賞であるCBC賞は、昨年からG3に格下げとなってしまったけれど、ならばこのレースもG2で十分なのではないかと言えるほど、低レベルな状況になっていると思う。
加えて、この雨がまた厄介だ。開催最終日を迎えて、馬場が相当荒れている上に、これだけ馬場が悪くなっては、スプリント適性を問うレースとは呼べなくなっている気がする。
ならば頭を切り換えよう。G1戦だと思うからわかりにくいのであって、ローカルのG2、G3戦だと思えば、何が起きても不思議はないからだ。
高松宮記念と言えば、馬場のいい外目から切れ味のある馬が突っ込んでくる印象がある。ということで、週半ばまではビーナスライン本命の予定だった。この馬の差し脚は、まさにこのレース向きだ。坂のあるコースは全く駄目な馬だから、中山や阪神の成績は度外視できる。中京の高速馬場ならば、昨年の函館スプリントSで見せたような鬼脚が炸裂すると思ったのである。
しかし、2枠4番という枠順で凹み、さらにはこの雨。血統から、道悪がダメとも思えないのだけれど、差し脚が身上の馬だけに、良馬場の方がプラスだったことは間違いない。だから少しだけ狙いを下げる。
本命はアンバージャック。
例によって横山典弘バイアスがかかった予想であることは否めないけれど、今回は、ノリ鞍上を差し引いても、本命の魅力があると感じている。前走は大敗であるが、全くレースをしていない。これを「2走ボケ&体重増」による大敗であると勝手に決めつければ、今回は巻き返しがあって不思議ないと思っている。
前々走のシルクロードSでは4着とはいえ、勝ったエムオーウイナーと0.3秒差。その時、2kg重かった斤量が今回は同斤ならば、騎手の腕を含め、対エムオー逆転を描くのは難しくない。
G1初挑戦にはなるが、そもそもG1と呼べるほどのメンバー構成ではないのだから、それでも十分足りると思う。血統的に道悪は問題ない筈だし、雨が降ったことで、内外の有利不利がなくなりそうなのも良い。直線まで内々で息を潜めて、力強く抜け出してくるノリマジックに期待。
対抗は前述ビーナスラインだが、3番手には武豊スズカフェニックスを。初の1200メートルがどうかという気がするけれど、昨年もそういった馬で決まっているし、追い込みにくい阪神1400メートルであの脚が使えるのなら、ここでも間に合うと思う。外差しを狙うには少し厳しい枠だが、そこは武豊だけに工夫して乗る筈だ。
以下、左回り不安もこのレースだけは頼りになる大先生鞍上が魅力のマイネルスケルツィ、アンカツというだけで消せないプリサイスマシーン、近走不調だが、枠順も道悪も最高の昨年覇者オレハマッテルゼまで。
人気のシーイズトウショウは、内から伸びるイメージが浮かばないだけに枠順が最悪。エムオーウイナーは、馬自身に何の問題もないけれど、鞍上が…。信念の消し。
馬券は、◎→○▲△△△の馬単マルチ10点と、◎○▲△△△6頭の3連複ボックス20点で気弱に*1勝負。
◎アンバージャック
○ビーナスライン
▲スズカフェニックス
△マイネルスケルツィ
△プリサイスマシーン
△オレハマッテルゼ

*1:本当は、いつものように◎○から3連単マルチで勝負をしたいのだけれど、本命も対抗も人気薄ではちょっと自信がない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ