餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

750vのバッテリ消費を「加速」させるクレードル

スポンサーリンク

いつも贔屓にしているPocketGamesさんより、INNO ドックジュニアの不具合について、メールが送られてきた。このクレードルは不良品で、「Treo 750ではインジケーターは充電中になるが、電池残量が減っていくということが明確になったため、返品を承る。」という主旨のメールであった。
この不具合について、僕は購入当初すぐに気づいて、すぐポケゲさんに問い合わせを行っていた。当時に受けたアドバイスは、「スイッチがONになっている時は通電されないようなので、充電時はスイッチをOFFにして対処して欲しい」とのことで、いったんはそれで納得した。しかし、よく考えてみると、Treo750vは、クレードルに載せると常時勝手にActiveSyncを始めてしまうため、全く解決にならなかったのだ。
クレードルでありながら、載せているうちにどんどんバッテリを消耗してしまうのだから、無責任極まりない製品だったのだけれど、それでも返品をためらっていたのは、そのコンセプトゆえだった。
このクレードルは、端子の接続部分が可動式になっているのが画期的で、それゆえに、3,300mAh の大容量バッテリやメタルケースを装着したままでも使用できるというのは大きな魅力だったのだ。デザインも悪くなく、家で使っているPalm社純正のクレードルとともに、使い分けを楽しんでいる部分もあった。
だから、最初3/1にメールを貰って以降悩んでいたのだけれど、今回再送メールをいただき、そこには返品手続きが3月末で終了となる旨の但し書きがあったため、返品することに決めた。本当は、この不具合を直した改良版への交換が理想的だったのだが、PocketGamesさんからのメールによれば、SEIDIO社は相当無責任な会社のようで、それも期待できそうになかったからだ。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ