読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

Bluetooth Audio Controller VGP-BRM1

Treo Mobile 買い物
スポンサーリンク


いやぁ、これは本当に素晴らしい。流石はTreo使いの皆さんが挙って推薦する商品だけある。
Treo750v、Treo680との認証は、あっという間に終了し、その瞬間から、Treoに収めていた音楽ファイルを、簡単にVGP-BRM1で操ることができるようになった。それまでは、変換プラグを使わないと、手持ちのヘッドホンで聞けなかった音楽が、プラグなしで、しかもワイヤレスで楽しめるのだから、極楽至極だ。
僕は、恥ずかしながら、Bluetoothというものが初体験だったのだけれど、こんなに便利なものだとは思わなかった。VGP-BRM1から流れてくる音は非常に鮮明で、それがワイアレスであることを忘れてしまう。しかも室内のちょっとした距離なら、Treoから離れても全く音質が変わらないのだ。これは僕にとってかなり衝撃だった。
実を言うと、かなり前からこのVGP-BRM1は気になっていたのだけれど、音質に疑問を感じていたため、購入を躊躇していたのである。その理由は、10年ぐらい前に買ったワイアレスウォークマンWM-WX1の苦い思い出から来ている。当時は、ワイアレスというコンセプトには喝采したものの、あまりの音質の悪さに、「やっぱり直接コードで繋がないと、音楽はダメだよなぁ」と勝手に思いこんでいたのだ。
今やインターネットさえ無線が当たり前の時代なのだから、音楽が無線でクリアに聴けることなど、驚くことはなかった筈なのだけれど、思いこみというのは恐ろしいものだ。
このVGP-BRM1の凄いところは、ワイアレスで音楽が楽しめるだけではなく、「Bluetoothハンズフリー通話ができる」点にあるのだけれど、今のところ、僕はまだそのメリットを享受できていない。Treo750vで好きな音楽を堪能しながら、その合間に掛かってきた電話に対応できることができるなんて、そんな夢のような話…いや、夢でも妄想でも構わないので、早く実現させなければ…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ