餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

5,000円福箱に大満足

スポンサーリンク

Webサイトで注文していたBOBLBE-Eの福箱が届いた。
中身は十分満足のいくものだったので、この喜びを伝えるべく、レビューしておきたい。福箱の中身は、全て同じというわけではないだろうから、これはあくまで「言い捨ての小部屋」版入手バージョンのご紹介である。



※このバッグはいい。これだけでも5,000円福箱の価値は十分にある筈だ。一番大きなポケットにはB4の書類が収まる、X3という商品で、今はもう販売していない。かなりどデカイバッグになるが、逆に、このサイズのものは持っていなかったので、嬉しかった。
ただ、例によってこういった転売屋*1が早々に出品しており、実に腹立たしい限りである。



※一見すると、CDメディアの保存ケースのようにみえる外観である。しかし、そこは流石BOBLBE-E。ジッパーを開くと小さなバッグに変身するというギミックが隠されていた。


四六判の単行本5冊を入れているのだけれど、結構余裕で収まっている。小さいながらもかなりの収納力で、これはなかなか便利なアイテムになりそうだ。一度展開してしまうと、うまく折りたたむことが困難で、外観がしわしわになってしまうのが玉に瑕だけれど。




※いったいこれは何なのだろう。インナーケースだとは思うのだけれど、あのMEGAROPOLISにも合わないサイズ*2なので、いったいどういう時に使えばいいのか難しい。例の転売屋も紹介文に困っているようだ。中身をあけてみても、何の変哲もないインナーで、これ単体で販売していたとは思えない。他のバッグのオプションだと思うのだけれど、僕にはよくわからなかった。




MEGAROPOLISなどに付属しているタイプより少し小さいようだ。だから、INFOBARはアンテナ部分が入らない。しかし、W-ZERO3[es]はぴったりと収まる。これは嬉しい。

*1:こいつは、これだけではなく、僕の福箱に入っていた商品を全て即出品していた。おそらく僕と同じ内容の福箱だったのだろう。他に10000円の福箱も入手したらしく、それも全て出品している。こういう輩がいるから、稀少な品がすぐに売り切れてしまうのだ。

*2:無理矢理入れれば入らないことはないが、かなり中から出っ張ってしまうので、オプションとして考えるには無理がある。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ