読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

新春福箱、Web予約販売開始

スポンサーリンク

昨晩、BOBLBE-Eからのメールマガジンが来た。このメールマガジンは、発行サイクルが決まっておらず、忘れた頃にやってきて、いつも僕を驚かせる。そして今回も同様だった。
なんと、BOBLBE-E名物の新春福箱が、今年からWebサイトで予約販売されるというではないか。しかも12/18(月)の深夜からスタートしており、既に2日も経過している。ということで、慌ててBOBLBE-E JAPANのWebサイトを訪問してみたのだけれど、案の定、1万円の福箱は売り切れてしまっていた(涙)
サイトでの説明によれば、1万円の福箱には、通常販売価格3万円相当のものが含まれているようで、それを考えると、本当に悔しい。3万円相当となれば、MEGALOPOLIS,PEOPLES DELITE,DOUBLE DECKERあたりが入っている可能性が高く、僕の欲しいものばかりだったからだ。
もちろん、寄せ集めである可能性もあるが、BOBLBE-E商品で3万円分もの寄せ集めなら、それはそれで悪くないし、いずれにしても大きなチャンスを逃してしまった後悔が募る。
前にも思ったのだけれど、折角メールマガジンを購読しているのだから、こういった重要なニュースは事前に教えてくれよなぁ、とでも愚痴りたくなった。
それでも何とか5千円の福箱は残っていたので、もちろん予約購入した。これも2万円相当ということだから悪くないのだろうけれど、上記で上げた商品群は、価格でまずオミットされてしまうのが悔しい。何が入っているかわからないのが福袋の大きな楽しみだから、選択肢はできるだけ広い方がよく、その点で、大いに魅力が落ちるからだ。
そういった人の為に、かどうかは知らないけれど、何と10万円の福箱というのも販売されていて驚いた。流石にこの箱はまだ残っており、これならば選択肢は無限に考えられるのだが、流石に10万円はなぁ…と二の足を踏んでしまう。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ