餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

本家より面白い?裏紅白歌合戦2006

スポンサーリンク

紅白出場歌手決定と機を合わせるように、恒例の裏紅白歌合戦メンバーが発表されている。僕は毎年、これを本当に楽しみにしているのだけれど、今年もその面白さは健在で、大笑いしてしまった。
その年の事件やトピックスをふまえた小ネタが満載で、どれもこれも甲乙付けがたいが、僕が特に気に入ったのは、亀田興毅・大毅・和毅・史郎「T-BOLANメドレー」と、植草一秀「タッチ」である。植草一秀は、2年前に「ミラーマンのうた」で初出場しており、今年は堂々のカムバックだ。
なぜか米良美一が8年連続で出場しており、しかも毎年「もののけ姫」を歌ったりするなどといった不条理感も捨てがたい。
歌手以外の部分でも凝っている。審査員ではディープインパクトが2年続けて出場しているし、昨年児玉清だった得点パネル担当は、今年、博多華丸になっている。
いやぁ、本当に面白い。このメンバーで本当に裏紅白を行ったら、70%の視聴率も夢ではないんじゃなかろうか。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ