餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

呆れて物が言えないJRA理事長のコメント

スポンサーリンク

ひと晩経って読み返してみても、やはり、JRA理事長のコメントはあまりに許し難い。フランスからの申告を丸呑みにし、経緯も原因もまだはっきりしない段階で、「凱旋門賞に汚点を残す結果」というコメントを出したのには呆れた。「汚点」って何だよ。「汚点」って。ふざけるな。なぜ、いとも簡単にそんな言葉が言い放てるのか。その神経を疑う。
これまで、さんざんディープインパクトを客寄せ馬として利用し、挙げくは、「世界のディープを見逃すな」とまで煽っておいて、「汚点」の一言で片付けるとは、正直、頭がおかしいんじゃないのかとさえ思った。
僕は、薬物使用そのものが問題ないと言っているわけではない。フランスにおける、厳しい薬物使用基準を理解できないまま使った「怠慢による不手際」という、ギャロ専務の指摘は至極まっとうなものだし、重く受け止める必要があるからだ。
薬物の使用については、海外遠征に行く以上十分すぎるほど気を遣わなければならなかった筈で、それが徹底できなかった関係者の責任は重い。
JRAの理事長ともなれば、日本競馬界の総締めとして、関係者に一層の注意を促すことは必要だろう。海外とはいえ、規律を破ったのだから、関係者に何らかの処分を下してもいい立場だ。そういったことには目をつぶり、「日本では問題なし」などという見解を放つ一方で、フランスに対しては「汚点を与えてすみません」で納めようとする無神経ぶりが、僕にはとても許せないのだ。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ