餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

《回顧》共同通信杯

スポンサーリンク

クラシックの灯が見えた!
2歳王者を制してアドマイヤムーン、共同通信杯制覇。

馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 コーナー順 3F
1 1 アドマイヤムーン  牡3 武豊   57 1.48.4 6-7-7 33.9 2
6 6 フサイチリシャール 牡3 福永祐一 57 1.48.5 1/2 2-2-2 34.7 1
3 3 マッチレスバロー  牡3 後藤浩輝 56 1.48.6 3/4 9-8-9 33.9 4
2 2 ショウナンタキオン 牡3 田中勝春 57 1.48.7 1/2 6-6-4 34.4 3
7 9 ブラックバースピン 牡3 松岡正海 56 1.49.0 13/4 5-5-4 34.7 6
7 8 アンバージャック  牡3 小野次郎 56 1.49.2 11/4 6-8-7 34.7 10
8 10 マルタカアーサー  牡3 バルジュ 56 1.49.2 クビ 9-10-10 34.4 5
4 4 ヤマタケゴールデン 牡3 池田鉄平 56 1.49.3 クビ 4-4-4 35.1 9
5 5 マイネルグロリアス 牡3 藤田伸二 56 1.49.3 クビ 1-3-3 35.4 7
10 8 11 マシーン      牡3 吉田豊  56 1.49.9 31/2 9-10-11 34.8 8
11 6 7 モエロタケショウ  セ3 北村宏司 56 1.51.0 3-1-1 37.4 11
LAP  13.0-11.5-11.5-12.2-12.8-12.6-11.7-11.4-11.7
単勝 1 \280
複勝 1 \110 / 6 \110 / 3 \150
枠連 1-6 \230 (1)
馬連 01-06 \230 (1)
ワイド 01-06 \130 (1) / 01-03 \260 (4) / 03-06 \270 (5)
馬単 01-06 \540 (2)
3連複 01-03-06 \450 (2/165)
3連単 01-06-03 \1880 (7/990)
実に見応えのあるレースだった。前を行くフサイチリシャール、先に仕掛けたショウナンタキオン。そして追ってくるマッチレスバロー。しかし、最後絶妙のタイミングで抜け出したのは、武豊アドマイヤムーンだった。いやはや、本当に武豊は巧い。日記での「勝利宣言」を実現できて、本人もほっとしているところだろう。もちろん、アドマイヤムーン自身の強さも光った。折り合いがついて、最後の脚もしっかりしている馬だから、今後、距離が伸びても問題ないだろう。皐月賞はもちろん、ダービーでも期待できそうだ。
武豊としては、おそらく本番もこの馬で、と思っている筈だが、ぎりぎりまで手駒を持っておくのも武豊流*1だから、フサイチジャンクのトライアル戦終了まで、その選択は保留されるのではないかと思う。
負けたとはいえ、フサイチリシャールも強い競馬だった。直線半ばでは馬群に沈むかのようにも見えたのだけれど、そこからの粘り腰がこの馬の強さを物語っている。距離が伸びてどうかという点はあるから、皐月賞、ダービーはわからないが、少なくともNHKマイルCでは現時点の最有力候補だと思う。
マッチレスバロー、ショウナンタキオンは3,4着に入ったけれど、現時点では、上位2頭とは力の差があるように見えた。

*1:今日の京都の条件戦ではキャプテンベガが鮮やかに2勝目を上げているから、そのトライアル戦にも「乗りたい」と言いそうだ。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ