餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

便利な予備バッテリーと憂鬱な充電について

スポンサーリンク

W-ZERO3をいつも持ち歩いていると、どうしてもバッテリー周りが不安になるから、予備のバッテリーはいつも携帯している。パワーバンクスリムも持っているけれど、完全回復させるには時間がかかるため、出先での機動性としては、予備バッテリーの方が優れているからだ。
予備のバッテリーはとても便利なのだけれど、不満もある。今のところ、W-ZERO3本体を通してしか充電できないことである。だから、出先で、予備も含めて2つのバッテリーを使い切ってしまった場合、帰宅後に2つ分のバッテリーを充電しなければいけない。これが意外に面倒なのである。
帰宅後はいつもACアダプタに接続しているので、内蔵しているバッテリーの方は自然に充電できるのだが、それを満充電したあとで、バッテリーを入れ替えもう一方のバッテリーも充電しておかなければいけない作業が必要となる。これを忘れてしまって、いざ使おうと思った時、「しまった。充電されてない」と焦ったことが何度もあるのだ。忘れっぽい自分がいけないといえばそれまでだが、何とかならないものかと思う。
専用のバッテリーチャージャーさえあれば、帰宅後、同時に充電を始めることができるから、次に持ち出すときにはスムーズなんだけれどなぁ。発売される予定はないのだろうか。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ