餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

さすがは丑や!けれどひとつだけ気になることが…

スポンサーリンク

いつも色々な情報を提供していただいている伊藤浩一のW-ZERO3応援団で、丑やのケースが出ていることを知った。
LeatherCover for W-ZERO3
丑やのレベルの高さには定評があり、今回のW-ZERO3用ケースも「さすがは丑や!」と思える高級感に溢れている。写真で見ただけでも、造りの素晴らしさは群を抜いている感じで、さらに、他ならぬ伊藤団長のお薦めなのだから、これは買うしかない!と思ったのだが、ただひとつだけ気になることがある。
マジックテープだ。
いや、マジックテープを貼ること自体に抵抗があるわけではない。確かにW-ZERO3本体の見栄えは悪くなるが、ケースとして一体化してしまえば見えなくなるのだから、それは気にならない。丑やのHPでも「よりフィット感を出すためにあえてマジックテープ留めを採用」と書いてあるが、確かにフィット感は重要だと思う。だから、あくまでケースと一体化している限りは、全く問題ないのだ。
ただ、気になるのはリセット時だ。大抵の場合はpsShutXPなどのソフトウェアでリセットできるのだが、本体操作が完全に固まってしまった場合は、そのソフト自体が無効になるから、本体カバー裏にあるリセットボタンを使う必要がある。その時に、いちいちマジックテープでの(本体とケースとの)接着をはがさなければいけないのが気になるのだ。
もちろん、何度も付けたり外したりできるからマジックテープなのだけれど、その操作毎に接着力が弱まる気がするし、そもそもテープを外すときのベリベリとした音があまり好きではないからだ。
まぁ、本体でのリセット操作を行うことが頻繁にあるわけではないから、実際は、気にならないと思うのだけれど…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ