餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

スキーの日

スポンサーリンク
  • スキーの日
  • 桜島の日

1月12日 今日は何の日〜毎日が記念日〜

スキーは、もう長いことやっていない。最後に滑ってから10年以上は経つのではなかろうか。僕は、殆どボーゲンに近い滑りしかできない初心者だけれど、スキーそのものは嫌いではない。ただ、実際にスキーをするまでが面倒すぎるのだ。狭山スキー場などの人工スキー場は別として(そう言えば、スキードーム・ザウスというのもあったなぁ)普通、首都圏にスキー場はない。だから、必然的に上越や東北、北海道まで出かけることになるのだが、その移動だけで僕はまず疲れてしまう。そして、着いたら着いたで、いざスキーを始めるための重装備が必要で、これがまた面倒くさいのである。トイレひとつ行くのにいちいち苦労するのは、僕にとってはとても憂鬱だ。
ただ、スキーが好きな人たちにとっては、そんなことは面倒のうちに入らないらしい。何しろ、深夜バスで出かけて、着いた朝から滑り始め、その日の夜に帰ってくるなどという強行軍を、毎週繰り返している人さえ(僕の周りには)いるのだから。いやはや、本当に敬服してしまう。
話は全然変わるが、映画「私をスキーに連れてって」の原田知世はメチャメチャ可愛かったことを思い出す。あの時、あの映画を見て、スキーに行きたくなった青少年は、相当多い筈である。もちろん、僕もその1人だった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ