餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

シンザン記念

スポンサーリンク

このレースは3年連続でサンデーサイレンス産駒が勝っているのだから、黙ってサンデー産駒を軸にしていればいい、と思っていたのだが、なんと1頭もいない。来年からは必然的にこうなるのだけれど、何だか少し寂しい気がした。代わって、スペシャルウィーク、アグネスタキオン、ステイゴールド、サンプレイス(!)といった、サンデーサイレンスの血を引く種牡馬たちが、父の栄光を継いでいくのかどうかが注目だ。
ただ、1番人気は、エルコンドルパサー産駒のイースターだろう。タイキシャトル産駒のディープエアーも人気になる筈だ。これにサンデーの孫であるロジックを含めた3頭が人気の中心となるのだろう。ただ、全体的に小粒な印象は否めず、どの馬にもチャンスがあるのではないか、というのが僕の見解である。本命はリメインオブザサン。この馬もサンデーサイレンスの孫だ。父サンプレイスだけに安心はできないと思うが、その反面未知の魅力も感じる。鞍上赤木高太郎の手綱捌きにも注目。地方競馬からの叩き上げ転入組*1先駆であるが、後輩の柴山雄一にすっかり先を越されてしまった。実力的には確かなものがあるだけに、あとはきっかけひとつだと思う。そろそろ重賞を勝ってもいい頃だ。
対抗はグロリアスウィーク。前走の大敗で人気が落ちるならここは絶好の狙い目。力のいる阪神よりも、京都の方が合う馬で、広い外回りもいい。鞍上モンテリーゾのことはよくわからないが、一昨年のイタリアリーディングジョッキーでもあるようなので、不安はなかろう。
3番手にはディープエアーを。朝日杯FSでは案外だったが、札幌2歳Sぐらい走れば、ここでも十分通用する筈だ。さざんか賞組は、人気になりすぎの感じもするのだが、流石に武豊と福永では押さえないわけにはいかない。特に武豊は、正月早々驀進している上に、このレースもここ4年連続制覇中だ。終わってみれば武豊か、ということも十分あり得るので、元返しも覚悟で一応買っておく。
◎リメインオブザサン
○グロリアスウィーク
▲ディープエアー
★ロジック
△イースター

*1:アンカツや小牧太のように一次試験免除の特典を経ず、難関の試験をくぐり抜けてきたという意味。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ