餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

《回顧》ガーネットステークス

スポンサーリンク

これぞ、生粋のスプリンターの証。
ダートも任せろと言わんばかりに、リミットレスビッドが豪快に差し切る。

馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 コーナー順 3F
6 10 リミットレスビッド 牡7 田中勝春 56 1.10.5 10-8 36.5 6
3 4 シルヴァーゼット  牡5 津村明秀 55 1.10.5 クビ 1-1 37.1 7
4 7 コパノフウジン   牡4 長谷川浩 54 1.10.5 ハナ 3-3 36.9 2
4 6 サイモンセッズ   牡7 北村宏司 53 1.10.7 11/4 7-5 36.8 14
5 8 ブルーコンコルド  牡6 幸英明  59 1.10.9 3/4 11-8 36.8 1
6 11 オフィサー     牡4 江田照男 53 1.11.5 31/2 12-12 37.0 3
7 13 ディバインシルバー 牡8 後藤浩輝 57 1.11.5 ハナ 2-2 38.1 9
5 9 テイエムアクション 牡5 橋本美純 56 1.11.5 7-6 37.6 5
2 2 トップオブワールド 牡5 松岡正海 56 1.11.5 ハナ 15-14 36.7 11
10 3 5 ケイアイメルヘン  牝4 吉田豊  52 1.11.8 12-12 37.4 4
11 1 1 テンケイ      牡8 小林淳一 51 1.11.9 3/4 12-14 37.4 15
12 2 3 アグネスウイング  牡6 中舘英二 57 1.12.1 3-3 38.5 10
13 8 15 ボタンフジ     牝7 石神深一 49 1.12.5 21/2 5-7 38.8 13
14 7 12 アンブロワーズ   牝4 大西直宏 52 1.12.7 11/4 7-8 38.8 12
15 8 14 スターリーヘヴン  牝6 柴山雄一 53 1.13.6 5-8 39.8 8
LAP  11.8-10.4-11.2-11.9-12.0-13.2
単勝 10 \1040
複勝 10 \320 / 4 \440 / 7 \190
枠連 3-6 \1000 (4)
馬連 04-10 \7300 (24)
ワイド 04-10 \2550 (26) / 07-10 \1060 (12) / 04-07 \1040 (11)
馬単 10-04 \13440 (46)
3連複 04-07-10 \11250 (33/455)
3連単 10-04-07 \86890 (247/2730)
1番人気ブルーコンコルドの+15Kgという馬体重が発表され、そのぼてっとした腹回りを見た時に、一筋縄では終わらない結果になる予感がした。冬場は本当に調整が難しい。この時期は馬体重やパドックを見てからでないと、馬券を買うのもリスクが大きいかもしれない。
レースは、シルヴァーゼットがノシをつけて先頭を奪って、引っ張る流れ。結果的にはそのシルヴァーゼットが2着に残り、2番手集団につけていたコパノフウジンが3着なのだから、先行有利の流れだったのだろう。その中を、大外から、メンバー最速の上がりを使って差してきたリミットレスビッドは、ここでは役者が一枚上だった。本格化して以降は、芝ばかりを使っていた馬だが、CBC賞の僅差3着が示すように、スプリンターとしての実力は上位で、ダートさえこなせば、勝っても全く不思議はなかった。しかしどうしても芝馬のイメージが強く、僕には完全に盲点になっていた。6番人気ということで、それなりに支持されていたようだが、この馬を本線にした人には、素直に敬服したい。
1番人気ブルーコンコルドは、最初の芝の部分でついていけず、結果59Kgの斤量と太め残りが響いた感じだ。しかし、これを叩いての良化は必至だから、次走は狙い目(人気になるだろうけれど…)だと思う。僕の本命オフィサーは、スタートがあまり良くない上に、最後の差し脚も今ひとつで、若干期待はずれの印象を受けた。典ならば…と思わないこともないのだが、勝ち馬から1秒も離れては、単純に実力負けなのだろう。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ