餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

《回顧》アルゼンチン共和国杯

スポンサーリンク

別定戦の惜敗は、ハンデ戦で晴らす。
サクラセンチュリー、激戦を制して3つめのハンデ重賞をゲット!

馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 コーナー順 3F
1 1 サクラセンチュリー 牡5 佐藤哲三 57.5 2.32.4 12-12-10-10 34.6 3
4 8 マーブルチーフ   牡5 熊沢重文 55 2.32.4 4-3-4-3 35.1 14
3 6 コイントス     牡7 横山典弘 57 2.32.6 7-6-7-7 34.9 2
5 10 ブリットレーン   牡6 吉田豊  53 2.33.0 21/2 6-6-5-5 35.4 17
2 4 ビッグゴールド   牡7 和田竜二 57 2.33.1 1/2 1-1-1-1 36.1 8
6 11 デルタブルース   牡4 ペリエ  59 2.33.1 同着 4-5-5-5 35.5 1
4 7 ハイフレンドトライ 牡5 小林淳一 53 2.33.2 1/2 9-8-8-7 35.5 9
8 17 ファストタテヤマ  牡6 武幸四郎 57 2.33.2 ハナ 14-14-14-15 35.0 6
6 12 エローグ      セ6 柴山雄一 53 2.33.2 クビ 2-2-2-2 36.1 16
10 5 9 アサクサキニナル  牡6 北村宏司 54 2.33.4 11/4 9-10-10-12 35.4 12
11 7 13 マイソールサウンド 牡6 本田優  58 2.33.5 クビ 3-3-3-3 36.1 13
12 2 3 ダディーズドリーム 牡6 安田康彦 55 2.33.5 11-10-10-7 35.8 7
13 8 18 スムースバリトン  牡3 ボニヤ  54 2.34.2 15-14-14-14 36.1 5
14 7 15 ニシノドコマデモ  牡3 田中勝春 54 2.34.4 8-8-10-12 36.4 4
15 7 14 ダイタクバートラム 牡7 江田照男 58 2.34.4 ハナ 17-14-8-10 36.6 15
16 3 5 チャクラ      牡5 柴田善臣 57 2.34.5 1/2 15-17-16-16 36.1 10
17 1 2 テンジンムサシ   牡4 石神深一 54 2.34.6 3/4 18-18-18-18 35.7 11
18 8 16 グラスエイコウオー 牡7 村田一誠 54 2.36.5 大差 12-12-16-17 37.8 18

LAP  7.2-11.4-11.7-12.8-12.5-12.3-12.5-12.5-12.2-11.9-11.7-11.4-12.3
通過  30.3-43.1-55.6-67.9   上り  72.0-59.5-47.3-35.4   平均  1F:12.19 / 3F:36.58
単勝 1 \720
複勝 1 \300 / 8 \630 / 6 \260
枠連 1-4 \2870 (17)
馬連 01-08 \11220 (53)
ワイド 01-08 \3700 (56) / 01-06 \1080 (4) / 06-08 \3020 (44)
馬単 01-08 \17790 (86)
3連複 01-06-08 \23500 (78/816)
3連単 01-08-06 \167000 (564/4896)



先週の天皇賞とは打ってかわって、今週は澱みのないペースでレースが進んだ。
直線は激しい争いになり、内からするするとマーブルチーフが抜け出した。
それをマークするかのように、力強くコイントスが迫ってきて、いったんは交わした
ように見えたのだが、その外をサクラセンチュリーが強襲。
内のマーブルチーフも、もう一度伸びて、結局は、サクラセンチュリーとマーブルチーフの
争いになった。


コイントスは強い競馬をしたと思うし、ノリも上手に乗りこなしていたと思うが、
結果的に最後の一押しが足りなかったのは、+20Kgが響いたのではなかろうか。
7歳馬が、中3週で、調教もしっかりつけて+20Kgというのは、いったいどういう
ことなのだろう。
もともとツメの甘い馬だから、体重の問題がなくても同じような着順だったかも
しれないが、中間の調整方法に疑問を残したことは確かだ。


勝ったサクラセンチュリーは、これでハンデ重賞3勝目だが、最初に鳴尾記念を勝った
時には54kgでの勝利だったから、それだけ馬が充実、成長してきたということだろう。
重馬場はまるでダメな馬だから、雨の降り出しが直前までなかったこともついていた。


2着のマーブルチーフは、典型的な穴馬で、これまでの連対時5回は、すべて人気薄で
穴馬券に貢献している。
今年1月の日経新春杯ではサクラセンチュリーとクビ差の2着もあり、買えない馬では
なかったのかもしれないが、ずっと追いかけ続けていなくては手が回らないだろう。


僕の本命ダディーズドリームは、全くいいところなく12着。
対抗ブリットレーンは、実に味のある競馬をしたが4着と、馬券圏内まで届かなかった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ