餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

武豊 年間G1 10勝達成!

スポンサーリンク

武豊が、昨日のJBCクラシックをタイムパラドックスで勝ち、今年のG1で
10勝目を上げた。
これは武豊が年初の日記であげた*1目標であったのだが、それを
11月初めにして、早々と達成してしまったのだから、驚くばかりだ。
一生掛かってもG1を取れない騎手が、星の数ほどいる中で、年間10勝と
いうのは、恐るべき数字だし、聞きようによっては傲慢にさえ思える。
しかし、それを傲慢に感じさせないのが武豊の実績と実力であり、
そして、見事に実現してしまうことには、恐れ入るしかない。


ちなみに、10勝の内訳は以下の通りである。


月日 レース名 条件・距離 競馬場 騎乗馬 性齢 人気
1.26 川崎記念 ダ2100m 川崎 タイムパラドックス 牡7 1
3.27 高松宮記念 芝1200m 中京 アドマイヤマックス 牡6 4
4.17 皐月賞 芝2000m 中山 ディープインパクト 牡3 1
5.29 東京優駿 芝2400m 東京 ディープインパクト 牡3 1
6.29 帝王賞 ダ2000m 大井 タイムパラドックス 牡7 2
7.13 ジャパン・ダート・ダービー ダ2000m 大井 カネヒキリ 牡3 1
9.19 ダービーグランプリ ダ2000m 盛岡 カネヒキリ 牡3 1
10.16 秋華賞 芝2000m 京都 エアメサイア 牝3 2
10.23 菊花賞 芝3000m 京都 ディープインパクト 牡3 1
11.03 JBCクラシック ダ1900m 名古屋 タイムパラドックス 牡7 3
※太字は中央G1、細字は地方統一G1


ディープインパクトの3冠は光るが、年初の時点ではまだ新馬戦を
勝ったばかりの馬に過ぎなかった。
しかし、武豊はこの時点で、既に「この馬でのGI制覇」は計算に
入れていたのではなかろうかと僕は思っている。


それにしても、年間G1を10勝などというとてつもない目標を達成し、
本人が夢であったという三冠ジョッキーにもなってしまった今、武豊は、
今後何をモチベーションとしていくのか興味深い。
まぁ、この天才のことだから、まだまだ果てしなき高みを目指して、それを
実現していくのだろうけれど。

*1:確か1月1日の日記に掲載されていて、スポーツ各紙にも転載されたのだが、なぜかバックナンバーからは消えてしまっている


マラソン・ジョギング ブログランキングへ