餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

《回顧》天皇賞(秋)

スポンサーリンク

札幌記念勝利からの参戦は、あのエアグルーヴと同じ道。
人気薄をあざ笑うかのように、ヘヴンリーロマンス天皇賞制覇。


馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 コーナー順 3F
1 1 ヘヴンリーロマンス 牝5 松永幹夫 56 2.00.1 8-8-8 32.7 14
7 13 ゼンノロブロイ   牡5 横山典弘 58 2.00.1 6-6-8 32.7 1
6 12 ダンスインザムード 牝4 北村宏司 56 2.00.1 クビ 4-3-3 33.3 13
3 5 $ アサクサデンエン  牡6 蛯名正義 58 2.00.3 4-5-5 33.2 9
7 14 スイープトウショウ 牝4 池添謙一 56 2.00.4 1/2 11-10-10 32.8 4
5 10 ハーツクライ    牡4 ルメール 58 2.00.4 クビ 8-10-10 32.8 2
2 4 ハットトリック   牡4 ペリエ  58 2.00.5 クビ 11-12-13 32.6 11
6 11 ストーミーカフェ  牡3 四位洋文 56 2.00.6 3/4 1-1-1 34.1 15
3 6 $ タップダンスシチー 牡8 佐藤哲三 58 2.00.6 ハナ 2-2-2 33.9 6
10 4 7 ホオキパウェーブ  牡4 藤田伸二 58 2.00.6 ハナ 6-6-5 33.4 12
11 8 18 バランスオブゲーム 牡6 田中勝春 58 2.00.7 クビ 3-3-3 33.8 16
12 8 16 サンライズペガサス 牡7 後藤浩輝 58 2.00.7 クビ 11-8-7 33.4 5
13 1 2 スズカマンボ    牡4 安藤勝己 58 2.00.8 クビ 8-12-13 32.9 8
14 7 15 テレグノシス    牡6 勝浦正樹 58 2.00.9 1/2 15-16-16 32.8 7
15 2 3 リンカーン     牡5 武豊   58 2.00.9 クビ 14-15-16 32.8 3
16 4 8 キングストレイル  牡3 福永祐一 56 2.01.1 11/4 17-18-18 32.7 10
17 8 17 アドマイヤグルーヴ 牝5 上村洋行 56 2.01.1 ハナ 15-12-12 33.3 17
18 5 9 メイショウカイドウ 牡6 幸英明  58 2.01.3 11/2 17-16-15 33.3 18



LAP  13.4-11.5-12.1-12.5-12.9-12.3-11.8-11.0-11.2-11.4
通過  37.0-49.5-62.4-74.7   上り  70.6-57.7-45.4-33.6   平均  1F:12.01 / 3F:36.03
単勝 1 \7580
複勝 1 \1350 / 13 \130 / 12 \970
枠連 1-7 \2200 (8)
馬連 01-13 \12340 (37)
ワイド 01-13 \3550 (35) / 01-12 \14660 (102) / 12-13 \2290 (24)
馬単 01-13 \47290 (101)
3連複 01-12-13 \141100 (239/816)
3連単 01-13-12 \1226130 (1667/4896)


いやはや驚いた。


去年を境に、天皇賞は牝馬向きのレースに生まれ変わってしまったのだろうか。
それとも、牡馬がだらしなくなってきたということなのだろうか。
最後の直線、ダンスインザムードが抜け出してきたときは、ここ1年惨敗続きの
馬とはとても思えないと、目を疑った。
しかし、それを外からゼンノロブロイが堂々と交わしていった時は、これで典も
ダービーの借りを返せるな、と思ったのだ。
そして、9年前のサクラローレルの借りも。


しかし、刺客は、まだ内に控えていた。
なんとなんと、14番人気のヘヴンリーロマンスが、もの凄い脚で
伸びてきて、最後の最後で、ゼンノロブロイを交わし去ったのである。
これには本当に驚いた。
エアグルーヴと同じく、牡馬混合の別定重賞である札幌記念を勝って
いるのだから、人気がなさ過ぎではあると思ったが、まさか、トップまで
突き抜けるとは思わなかった。
1着馬、3着馬が人気薄牝馬ということになり、2着に1番人気の
ゼンノロブロイが入っているにもかかわらず、3連単は、なんと、
122万6130円の大万馬券になった。
これについては、言いたいこともあるのだけれど、愚痴になるので、
別に書くことにしたい。


それにしても…
先週は、本命馬に敢然と挑んだ最高の騎乗で2着。
今週は、本命馬に乗って万全の騎乗をして2着。
2ちゃんねるなどの心ないメディアでは、典はわざと2着を狙っているの
ではないかという書き込みや罵倒が溢れている。
僕はそれを読むたびに悲しくなる。
今回、誰よりも悔しいのは典自身だろう。
最後の最後でツメが甘くなったのは、馬が完全に仕上がってなかった
からではないかとも思えるからだ。
でも、心優しき勝負師のノリは、決して馬のせいにはしない筈だし、
汚名を晴らすチャンスもない。*1
ナーバスに落ち込んでしまうことが多い騎手だけに、今後の
ことが心配である。


=======================================================
ここから下は単なる愚痴である。(読み飛ばし推奨)
=======================================================

悔しくて、眠れそうにない。


馬券としては、◎○▲★の2頭軸→△の3連単マルチ馬券で広めに
流すことに決めた。◎○▲★のうち、2頭が3着までに入ってくれれば、
薄め△が来た時に高配当になるという算段だ。
ダンスインザムードは、予想の段階では印を保留したが、懸念していたパドックでも
悪くは見えなかったので、△の1頭に加えていた。
そしてもう1頭、ヘヴンリーロマンスは、札幌記念を買っている割に、あまりにも
人気がないことに気がついて、最後の最後に△を加えたのである。
いったい、何個△を加えれば気が済むのかと呆れながら。*2


このままだと、ヒモ馬同士だからまるで当たっていなかったのだけれど、
スイープトウショウの馬場入り風景を見て、僕は大いに心が揺れた。
なんと、スイープは、本馬場追いができなかったのだ。
あんな状態では、3着までに入るのはきつかろう。
ということで、僕は▲のスイープトウショウを2頭軸から△に格下げした。
そしてその瞬間、△のダンスインザムードを▲に格上げしようかと、迷ったのだ。
競馬予想TVで、井内とヒロシが強力に推していたのも思い出して。


しかし、10秒ほど悩んだ後、すぐさま最近の乱調ぶりがフラッシュバックして、
無駄に資金を使わないようにと考え直してしまったのだ。
ほんの一瞬の判断。
例えばその日が雨ならば逆だったかもしれないというぐらいの、軽い、薄い判断だ。
締切まで残り時間が数分しかなかったということもあるが、「迷ったら買い足せ」を
基本信条*3としている僕なのに、なぜこの時だけ倹約の方に心が揺れたのか。
本当に悔しい。


あの時、素直にダンスインザムードを▲に格上げしていれば、◎ゼンノロブロイ、
▲ダンスインザムードの2頭軸マルチで、ヒモ候補の△にはヘヴンリーロマンスが
入っているから、あの3連単が的中していたことになる。
競馬にタラレバが禁句なのはわかっているが、わずか10秒の迷いで、すり抜けた
122万円…あぁぁ、眠れない。

*1:JCと有馬はデザーモ騎乗が決まっているからだ

*2:組み合わせは、計算上200通りを越えていた筈だが、試行錯誤を繰り返していたので、何がなんだかわからなくなってしまった。

*3:結局「負け足してしまった」といつも後悔するのだけれど


マラソン・ジョギング ブログランキングへ