餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

天皇賞(秋)

スポンサーリンク

週の初めから、ずっと考え続けている。
雑誌や新聞の記事を読むたび、競馬番組での予想を聞くたび、心は揺れて、
未だに自信が持てないでいる。
自信を持った予想であっても、いつも外れていたりするのだから、
こだわらなくていいのかもしれないけれど、どれを買っても当たる
気がしないのはつらいところだ。


迷いの最大原因はゼンノロブロイである。
この馬が万全の状態で出てくるというなら、迷いはなかった。
馬単、3連単の1着軸でいい。
しかし、海外遠征後、夏バテをしたらしく、まともな追い切りができたのは、
実質今週だけ。
確かに今週の動きこそ良かったが、本質が伴っているかどうか不安が残る。
圧倒的人気にもなっていることだし、普通ならば切りの一手なのだが、
大好きな横山典弘が勝負を賭けて乗ってくる以上、買わないわけには
いかなくなった。


横山典弘が、お手馬ハーツクライを捨てて、ゼンノロブロイ騎乗を
引き受けた時、僕が抱いた複雑な思いは、以前の日記で書いた。


ゼンノロブロイ&横山典弘、盾限定の復活について


だからここでは繰り返さないが、典がハーツクライに乗っていてくれれば、
予想は実に簡単だったのだ。


ハーツクライ本命。それだけだ。


府中の直線を、怒濤のように差し込んでくる典のイメージが
僕の目には浮かんでいた。
勝ちきるまでは難しくても、2着ならば、というイメージが。


しかし、ハーツクライの実力を誰よりも知っている横山典弘が、あえて
ゼンノロブロイを選んだことに、僕は注目したい。
ただ1戦限り、しかも万全に仕上げられていない馬を任されるわけだから、
不安は確かに大きいだろう。
結果を出せなかったら、そして万が一、ハーツクライに勝たれてしまおう
ものなら、この秋2戦のG1好騎乗も色あせてしまう。
でも、そんなリスクを背負っても、ノリはこの馬にこだわった。
人気馬に乗ってG1に勝つ、ということが一流騎手の証であり、それを
この馬で実現することが、一度自分を捨てた藤沢師に対しての意趣返し
でもあるからだろう。


馬の状態は大いに不安だが、ここは典の意地を信じたい。
混戦だからこそ、一番強い馬が勝つというのはよくあることだ。
ゼンノロブロイの単。


対抗は、武豊リンカーン。


今年の天皇賞は、「エンペラーズカップ百年記念」と銘打たれた記念レースで
あり、天皇陛下もご来場される。
かつて長嶋茂雄が天覧試合でサヨナラホームランを打ったように、天皇陛下の
前では、スーパースターの活躍が絵になる。
そして、競馬界のスーパースターと言えば、誰が見ても武豊以外に考えられない。
リンカーンは、東京競馬場で過去2戦2敗だが、ともに休み明けで体調も良くなかっ
たし、鞍上も、武豊ではなかった。
今回は、天皇賞と相性のいい京都大賞典を叩いて、しかも、最も手の合う武豊の
騎乗は実に魅力だ。
逆転の可能性も秘める対抗。


一発があればスイープトウショウ。実は、週半ばまでこの馬が本命だった。
前走は6着に敗れているが、叩いて一変する馬だから、ここで一変があっても
全くおかしくない。
天皇陛下のご来場に結びつけて考えると、女性天皇を認める答申が
出たことは、この馬にとって追い風だ。
しかし、心配なのは出遅れである。
宝塚記念こそまともに出たが、今回もまともに出てくれるという保証はない。
それでも届くかもしれないが、これだけのメンバーが揃ったG1で出遅れたら、
差し込むまでは厳しいだろう。
ということで、実力は認めても、リスクも大きく単穴にとどめる。


典なら本命だったハーツクライ。
ルメールは確かに名手だが、それだけに、「勝ちに行く」つもりで、いつもより
前につける可能性があり、そこに若干の不安が残る。
いつもと位置取りが変わると、怒濤の末脚が不発に終わる危惧もあるからだ。


一発があればハットトリックを。
この馬にも出遅れの可能性があるのだが、そこは、名手ペリエがうまくこなして
くれると信じる。
初距離となるが、血統的には十分こなせるし、ここまで人気がないのなら、
気楽に乗れるのも好材料だ。


春の天皇賞馬スズカマンボも侮れない。
今回人気のハーツクライとは、常に好勝負を繰り広げてきた馬で、休み明けとは
いえ、人気がなさ過ぎだと思う。
淀の3200mよりも、東京の2000mの方がむしろ向いている筈で、状態さえ問題
なければ好走しても全くおかしくない。


もう1頭。
前走の勝ち方が鮮やかだったサンライズペガサスを。
休み明けを好走すると、2戦目はさらにパフォーマンスを上げるタイプで、
前走の圧勝を見ると、3年前*1より上の着順も狙える気がする。
もう7歳だけに、年齢による大きな上積みは見込めまいが、この1戦に限れば、
十分なチャンスを秘めている。


あと、昨年2着のダンスインザムードも気になるのだが、この馬は、直前の状態を
見てからでないと、恐くて馬券など買えない。
とりあえずは様子見とする。


人気どころでは、タップダンスシチーを嫌いたい。
実績的には申し分ない老雄だが、もう8歳(昔の9歳)秋だ。
何の不利もなかったように見える宝塚記念での惨敗は、流石に衰えがきたとは
言えまいか。
休み明けは得意であり、リフレッシュされた今回は気力で乗り切ってしまう
可能性もあるが、人気と状態のバランスが合っていない気がする。
切りだ。


◎ゼンノロブロイ
○リンカーン
▲スイープトウショウ
★ハーツクライ
△ハットトリック
△スズカマンボ
△サンライズペガサス
消タップダンスシチー

*1:休み明け毎日王冠4着→天皇賞3着


マラソン・ジョギング ブログランキングへ