餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

《回顧》武蔵野S

スポンサーリンク

カネヒキリだけが「強い3歳」じゃない。
サンライズバッカス、古馬も、カネヒキリも一蹴して重賞初制覇。

馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 コーナー順 3F
2 4 サンライズバッカス 牡3 佐藤哲三 54 1.35.2 10-9 36.2 2
4 8 カネヒキリ     牡3 武豊   57 1.35.5 13/4 13-13 36.2 1
3 6 ヒシアトラス    牡5 小野次郎 57 1.35.6 3/4 5-5 37.1 7
2 3 アジュディミツオー 牡4 内田博幸 59 1.35.9 13/4 5-5 37.4 5
1 1 $ ハギノベルテンポ  牡5 横山典弘 56 1.36.7 13-14 37.1 10
7 14 * マイネルモルゲン  牡5 柴田善臣 57 1.36.7 クビ 5-7 37.9 6
8 15 サイレントディール 牡5 ペリエ  57 1.36.8 1/2 8-9 37.8 4
6 11 ベラージオ     牡6 勝浦正樹 56 1.36.9 クビ 10-11 37.8 13
8 16 トップオブワールド 牡4 松岡正海 57 1.37.0 1/2 10-11 37.9 12
10 4 7 ドンクール     牡3 後藤浩輝 56 1.37.3 2-2 39.1 8
11 7 13 $ カフェオリンポス  牡4 四位洋文 59 1.37.4 3/4 2-2 39.2 11
12 6 12 トウショウギア   牡5 田中勝春 56 1.37.8 21/2 1-1 40.3 3
13 3 5 エドモンダンテス  牡5 吉田豊  56 1.37.9 1/2 15-14 38.3 14
14 1 2 $ トシザボス     牡7 北村宏司 56 1.38.0 3/4 15-16 38.1 16
15 5 10 クーカイ      牡5 小林淳一 56 1.38.1 クビ 8-7 39.2 15
16 5 9 サンライズキング  牡6 蛯名正義 56 1.38.2 1/2 2-2 40.0 9



LAP  12.5-10.8-11.2-11.2-11.8-12.1-12.9-12.7
通過  34.5-45.7-57.5-69.6   上り  71.9-60.7-49.5-37.7   平均  1F:11.90 / 3F:35.70
単勝 4 \1250
複勝 4 \160 / 8 \110 / 6 \290
枠連 2-4 \260 (1)
馬連 04-08 \420 (1)
ワイド 04-08 \190 (1) / 04-06 \1490 (17) / 06-08 \510 (6)
馬単 04-08 \1770 (7)
3連複 04-06-08 \2010 (6/560)
3連単 04-08-06 \16400 (52/3360)


サンライズバッカスの鞍上は佐藤哲。
ダービーで、ただ1頭、あのディープインパクトに敢然と
勝負を挑んだ騎手だ。
ディープインパクトの強さ、凄さを誰よりも身に染みている筈の
佐藤哲にとって、砂の「ニセ」ディープインパクト如きは敵では
なかったということだろう。


と…このことにレース前に気がついていれば、僕ももっと威張れたの
だが、サンライズバッカス無印ではどうしようもない。
前走で壁にあたったとみてしまったのだが、ドンクールには
7馬身もつけているのだから、なぜこの馬を蹴ってドンクールを
選んでしまったのか、我ながら理解に苦しむ。(というか、馬券が下手すぎ)


カネヒキリは、出遅れてしまったため、スムーズなレースができな
かったのは事実だ。
対サンライズバッカスとは、斤量差もあったし、純粋な力負けでは
ないだろう。
しかし、これくらいのハンデは、「真の」ディープインパクトならば、
楽々と乗り越えているに決まっているのだ。


これで、砂のディープインパクトという、分不相応な呼称で呼ばれる
こともなくなるだろうが、今日の展開でも2着に来られた底力をもって
すれば、G1の1つぐらいは勝てるのではなかろうか。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ