餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

日本IBMから来たメール

スポンサーリンク

日本アイ・ビー・エム株式会社から、「ご購入製品の保証サービスに
関するご案内」というメールが届いた。


読んでいる内になんだかとても哀しくなってきたので、その哀しさを
少しでも薄めるために、ここに書き残しておこう。

すでに報道等で伝えられているように、IBMとLenovo(レノボ)社は、両社のPC
事業を統合した新会社を設立することで合意をし、現在、設立に向けた準備を
進めております。
日本における新会社の設立は本年第2四半期中を予定しております。


このことについては、確かに既に何度も報じられているし、分かり切った
ことではあるのだが、今改めて言われると、これがIBMからの最後通牒で
あるかのように感じる。
「日本における新会社の設立は本年第2四半期中」ということは、裏を
返せば、僕の好きだったThinkpadというブランドは、本年第1四半期をもって
幕を閉じるのだ。

お客様に長年ご愛顧いただきましたIBM PCの製品ブランドである「ThinkPad」
、「ThinkCentre」を始めとする「Thinkファミリー」のブランド名称は新会社
に継承されますが、新会社においても、IBMロゴをはじめとしたデザイン上の
変更はなく、これまでの製品開発体制をそのまま継承し、従来同様の厳しい品
質管理基準を用い,同じスタッフによる開発を進めてまいります。

今後、「Thinkファミリー」は新会社の中核ブランドとして、これまでと変わ
ることなくテクノロジー、高いクオリティーを追求し、お客様へ最大限貢献で
きるよう進化し続けることをお約束いたします。新会社設立後も、これまでお
客様にご評価いただいてきたものを大切にし、テクノロジーと品質の追求によ
って、より高い価値をご提供すること、お客様にご満足いただけるサービスと
サポート体制を充実させていくことに注力してまいります。

上記の文章だけを抜粋してみると、全く隙がないようにも思える。
これが、もし、入試問題だとして、「この文意を50字で述べなさい」と
いう問題が出たとするなら、回答は以下のようになるだろう。


IBMPCの製品ブランド「Thinkファミリー」は、新会社移行後も、
同様のサービス・質を約束する。(49文字)


しかし、現実は、入試問題のように割り切って考えられない。
この文章に現れていない背景を考えてみると、そんな簡単には
まとめられないというのは明らかだからだ。


IBMがこれまで追い求めてきたサービスや質のレベルは、通常、
他メーカーが考えているようなレベルとは明らかに異なる。
高いコストをかけ、1ランク上のサービスレベル、クオリティを
維持してきた「Thinkファミリー」シリーズのコンセプトが、
あの中国企業に理解できるとは、僕にはとて思えない。


もちろん、現在はまだ日本アイ・ビー・エム株式会社のまま
だから何とでも言えるが、新会社後は、手のひらを返したように
大きく変質してしまうことは、目に見えてわかる。
それがわかりすぎるからこそ、どんなに「安心してくれ」という
文章を読まされても、逆に哀しくなってしまうのだ。


連日、起き続けている反日の暴動、そしてそれを本気で止めようとも
謝罪しようともしない国家。
その国家の中でも有数の有力企業であるLenovo(レノボ)。
そんな企業に呑み込まれてしまった、「ThinkPad」
考えれば考えるほど、暗くなってしまう。
嗚呼。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ