餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

里谷多英に驚愕

スポンサーリンク

いやはや、驚いた。
昨日はやたらとアクセス数が多いので、びっくりして調べてみたところ、
刺身のツマとして取り上げた「里谷多英」というキーワードから、猛烈に
アクセスされていることが判明した。


昨日1日で170アクセス。
メインでとりあげた「ディープインパクト」のキーワードからアクセスされた
数は17だったので、なんと10倍の注目度である。
この結果から考えると、昨日の朝刊見出し対決(?)は、やっぱり
日刊スポーツ>サンケイスポーツだったと言えるのではなかろうか。


これだけ注目されている話題ならば、刺身のツマ程度で済ませては
失礼にあたる。
ということで、注目の週刊文春を購入して、内容を読み込んでみた。
さらに、この記事の波及度を調べるために、東京スポーツ、夕刊フジ*1
日刊ゲンダイもあわせて購入し、内容を比較してみることにした。


まずは、仕掛け元、週刊文春。
電車の中吊りなどでも注目を集めていた見出しは
里谷多英「泥酔公然ワイセツ事件」
である。
これ自体かなりスキャンダラスであるが、僕には、サブ見出しだった
フジテレビ社員の金メダリスト 夜の大開脚
の方が印象に残った。
新聞広告などでは、長野五輪モーグルでの大開脚写真が掲載されており、
その結びつけに思わず笑ってしまったほどだ。


しかし、よく考えてみると、栄光の金メダリストであり、モーグルの
存在を一躍日本中に広めた里谷多英にとっては、これはあまりの
屈辱だろう。
文春の記事を良く読むと、里谷多英がブロンドのイケメン君と
組んずほぐれつとなっているシーンの見出しでは、
・イケメン君の股間に”もーぐる”
などとまで揶揄されてしまっている。


里谷多英の行動は確かに問題だが、モーグルという競技がここまで
貶められる理由はないと思う。
黙っていていいのか、日本モーグル協会。(←そんなものはないっ)


記事の内容は凄まじいものだった。
文春でのリード文言は以下のようになっているので紹介しておこう。
《2月7日深夜、六本木のクラブの一室で、酔った里谷はジーンズを
降ろし白人男性と絡み始めた。店側に注意され逆ギレして従業員に
暴行。駆けつけた警察官に連行されていった》


これだけでもかなり刺激的なのだが、本文をよく読むと、このリード文は
かなりおとなしいということがわかった。
僕は文春が、里谷多英に配慮して見出しを自粛したのではないかと
まで思ったほど、過激な内容だったのだ。


しかし、孫引きで食らいついた新聞各紙は容赦なかった。
いち早く取り上げた日刊スポーツは、「公然エッチか!!多英」という
表現にとどまった(でもこの見出しは巧いと思う)ものの、夕刊各紙に
至っては、あまりに露骨、衝撃だ。


まずは日刊ゲンダイ。
1面トップ記事こそ《堤義明 けさ10時半逮捕》という記事に譲ったが、
右上の目立つ位置に、赤の下地で
・里谷多英人前で酒乱セックス
と、あけすけだ。
本文記事は、1/4ページほどと少ないながらも、《酒乱公然セックス騒動》
《警官10人で制止、ブタ箱入り》という見出しとともに、「合体」に至るまでの
状況をコンパクトにまとめている。
笑顔が印象的な里谷にしては珍しい不機嫌ショットの写真を掲載し、
その下に「大トラ…」というコピーをつけているのが面白かった。
二日酔いというイメージなのだろうか。


そして、東京スポーツ。
やっぱりやってくれました。凄い、凄すぎるの一言。
1面を目一杯使って、里谷多英の笑顔写真とともに、衝撃の見出し。


・下半身ムキ出し 里谷多英 公然セックス騒動波紋


このトップ見出しだけでもかなり凄いのだが、サブ見出しも凄い。
・六本木大乱行 警察拘置
・SEX止められ逆ギレ
・VIP室破壊!!従業員に暴行
と書きたい放題だ。


これらは文春の本文にも書いてあることなのだが、そのあまりの凄さに
東スポの創造かと思ってしまうほどである。


いやはや本当に凄い。


僕はどちらかと言えば、里谷多英に好感を持っていて、上村愛子ばかり
ちやほやされているモーグル記事を読むと不満を感じるほどだった。
「確かに上村愛子は可愛いかもしれないが、モーグルをここまで
日本中に知らしめた真の実力者は里谷であることを忘れるな」と
心で叫んでいたのだ。


陽気な明るい性格であることはすぐにわかったので、フジテレビ入りは
合っていると思っていたし、マスコミを通してみるコメントなどの印象も、
いい感じだった。
その酒豪ぶりは有名で、おそらく《酒の席であれば何でもやってしまう》
という盛り上げタイプなのだろう。
そういったところについても、里谷の人間性が出ていて、僕は悪くないと
思っていたのだが、今回の件はさすがに行き過ぎだ。


今回の文春の記事は、どこまで本当かわからない。
僕は、流石にSEXまではしていなかったのではないかと思う。
しかし、これだけ騒ぎになってしまったのだから、ある程度までは
本当の部分もあるだろう。


だから、里谷よ、今回の件はしっかり反省して欲しい。
いくら酒の席とはいえ、あまりの乱行が続くと、金メダリストの
栄光が台無しだ。
しばらくは酒を断って、モーグルに専念するぐらいの気持ちで
いて欲しいと、僕は思っている。

*1:どこを探しても里谷多英の記事がない。おかしいと思ったのだが、よく考えてみると、里谷多英はフジテレビ社員だから、フジサンケイグループの記事は自粛したということなのだろう。夕刊ゴシップ紙としては、少し情けない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ