読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ウルトラの季節!「ランニングマガジン クリール」2017年6月号に、サロマへの刺激をもらった!

シニアランナーにターゲットを向けた今月号の「ランナーズ」。

それに対して、ライバル誌の「ランニングマガジンクリール」は、ウルトラランナーを狙って(?)きた。

f:id:ICHIZO:20170427035503j:plain

ランニングマガジンクリール 2017年 06 月号

ウルトラの季節。

続きを読む

シニアランナー必読!「ランナーズ 2017年6月号」

今月号の「ランナーズ」は、シニア向けの特集が満載だった。

f:id:ICHIZO:20170425053737j:plain

ランナーズ 2017年 06 月号 [雑誌]

僕は、もう7年目の読者になるが、ここまでシニアに寄った号は、そんなになかったんじゃないかと思う。

続きを読む

皇居&ストリートマラソン supported by 八重桜

先週末、土曜日は、皇居を走ることにした。

例によって、夜明け前に家を出て、しばらくストリートラン。皇居周回経由で、自宅へ戻るパターンだ。

このパターンは、個人的に、非常にメリットが多いと感じている。その理由は5つ

  • 「気楽なストリートラン↔ストイックな皇居ラン」で、気分転換できる。
  • 皇居に着いても、まだ「早朝」なので、コースはガラガラ。
  • 皇居周回の回数で、走行距離を調整できる。
  • ゴール地点は自宅なので、ランニングステーション不要。
  • 家に戻ってきても、まだ「朝」だから、その日の予定に影響しない。

と、個人的にはいいことずくめなのだ。

ということで、まだ真っ暗な丑三つ時に家を出て、ひたすら皇居へ。

このパターンで走るのは、今年の1月以来、約3ヶ月ぶりになるのだけれど…。

続きを読む

餃子ランナーズ(ワールドマラソンチーム)壮行&祝勝会@虎ノ門「パオ」(後編)

(承前)

f:id:ICHIZO:20170423202951j:plain

焼餃子キターっ!

羽根つきの餃子は、今や珍しくはないが、この店の餃子が素晴らしいと思うのは、羽根じゃない。

続きを読む

餃子ランナーズ(ワールドマラソンチーム)壮行&祝勝会@虎ノ門「パオ」(前編)

凄いメンバー構成だった。

ランナーだらけの飲み会は、これまで何度も実施されているけれど、今回は、単なるランナーたちじゃない。

ワールドマラソンメジャーズ6大会(ニューヨーク、シカゴ、ボストン、ベルリン、ロンドン、東京)を全て完走したメンバーが、2人も含まれているのだ。

続きを読む

8年前に歩いたボストン…今度は走りたい!

今年のボストン・マラソン結果には興奮した。

箱根駅伝のスターだった大迫傑が、初マラソンで3位の快挙。

今年のボストンマラソンは、気温が高く、20℃を超えた状況での表彰台だから、非常に価値がある。

3年後の東京オリンピックでも、非常に高い気温が想定されるからだ。

続きを読む

4年越しのリベンジ!「仙台国際ハーフマラソン」の参加案内が届いた!

昨晩、帰宅すると届いていた。

f:id:ICHIZO:20170418053958j:plain

仙台国際ハーフマラソンの参加案内だ。

僕にとって、今シーズンのフルは、かすみがうらマラソンで終了したのだけれど、オフシーズンには入らない。

5月の仙台国際(ハーフ)、6月のサロマ(ウルトラ)、そして、8月には、北海道マラソンが控えている。僕にとって、新しいシーズンは、もう始まっているのだ。

かすみがうらは、ちょっと悔いの残る結果になったけれど、気持ちを切り替えて臨んでいきたい。

ただ…若干不安もある。

続きを読む

マラソン・ジョギング ブログランキングへ