読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

全日本マラソンランキング、今昔の感慨

ランナーならば誰でも知ってる、月刊「ランナーズ」

僕も、6年半前にランニングを始めて以来、ずっと定期購読している雑誌だ。

f:id:ICHIZO:20170524204737j:plain

ランナーズ 2017年 07 月号 [雑誌]

いつも、さまざまな特集で楽しませてくれるが、今月発売の7月号は、毎年特別な号に位置づけられている。

そう。

続きを読む

夜明けの天体観測ラン、最高!

僕は、平日、夜明け前に走り出す。

その時刻は、概ね3時半から4時ぐらい。冬場だと、この時間はまだ真っ暗で寒いから、走り始めるのに躊躇することもあるのだけれど、今の時期は、むしろ逆。

目覚めたら、1分1秒でも早く走り始めた方がいいし、そうするように努めている。いざ、日が昇ると、ぐんぐん気温が上がっていくからだ。

東京の日の出は、現在、4時半ぐらいなのだけれど、4時頃になると、もう、空は青く染まり始めている。

そして、満月~下弦の月~新月にあたる期間であれば、夜明け前に月を眺めることができる。

ここ数日は、月と、明けの明星(金星)がコラボレーションして、最高の情景だった。

そんな情景について、僕はただ、行き当たりばったりに出くわしているわけではない。

子供の頃から、星を見るのがとても好きなので、それを夜明けランでも楽しむべく、予習をして走り出しているのだ。

予習用のアイテムとして、僕が手放せないのが…。

続きを読む

Garmin ForeAthlete 935 サロマモデル!に少しだけ揺れた心

そのメールを受けとった時は、ビビッときた。

何しろ、タイトルが…。

【数量限定・ガーミンForeAthlete935 RUNNETショップ特別モデル販売中!

なのだ。

Garmin ForeAthlete935は、発売前からずっと気になっていたガジェット。

その《特別モデル》となれば、これは、注目せずにいられない。

ということで、本文を確かめてみると、いっそう見逃せない商品であることがわかった。

「サロマをいつも感じていたい!」ランナーを応援するガーミン特別企画、と、銘打たれた、サロマモデル販売の告知だったからだ。

そのモデルとは…。

続きを読む

いざ、江ノ島へ!感動のG.W.71kmラン!!(その4:北鎌倉「大陸」で、ニンニク最強餃子を補給!)

(承前)

東京から、60km超。

品川駅過ぎの餃子エイド以降、水分以外の補給をせずに、5時間以上走り続けてきたので、僕は、流石に疲れていた。精神も身体も限界に近い。

思っていたほど暑くはなっていなかったが、猛烈な風が吹いていて、心が折れそうになる。

そんな時に、こんな情景を見たら、我慢できるわけがなかったのだ。

f:id:ICHIZO:20170518033541j:plain

「中華料理 大陸」。

続きを読む

牡羊座ランナー、星占いに一喜一憂の朝。

平日、起床後。

僕の生活パターンは、ほぼ決まっている。

起床は、だいたい朝4時頃。とりあえず走らないと落ち着かないので、近所をぐるりと5km程度のゆったりジョグ。

その後、家でブログを書いて、午前7時台には出社。

ここ数年ずっと同じパターンで続けてきたが、最近、少しだけ変わった。

ゆったりジョグから帰宅するまでの途中、24h営業のトレーニングジムに寄っているのだ。

続きを読む

はてブロランナーで良かった!あおば餃子&ビールで乾杯!!の幸せ

なんとも悔いが残る結果になってしまった、仙台国際ハーフマラソン。

しかし、レース自体は最高だったし、さらに、レース後にも感動が待っていた。

同じレースに出走されていた、はてブロランナーのMacRunさん、びあーさんと乾杯を交わすことができたからだ。

お二人とは、レース前にも、シューズ円陣写真を撮らせていただき、それで大いに気分が高まったのだけれど、その時はあまりお話ができなかった。

だから、レース後に、もう一度集まろうというお話になった時、本当に嬉しかった。

完走後、記録証をもらったり、着替えたりするのに手間取っていたとき、MacRunさんから、「既に集まってます」とのご連絡をいただいた。

僕は、どうにもズボラで行動が遅いため、どうしても皆さんにご迷惑をおかけしてしまう。

ということで、慌てて、集合場所へ。

続きを読む

最高の「仙台国際ハーフマラソン」舞台で、力不足を痛感…。

ゴールした瞬間、情けなくて溜息が出た。

最低目標だと思っていた、ハーフ100分。1時間40分を切ることができなかったからだ。

前回のハーフ出場である、14ヶ月前のフロストバイトロードレースより、4分も遅い。

自分なりに、精一杯走ったつもりだったけれど、スピード練習もろくに行わずに結果を出せるほど、ハーフマラソンは甘くなかった、ということだろう。あるいは、もう、歳なのか。

いずれにしても、力不足を痛感した1日だった。

しかし、レース前は、違う。むしろ、大きな期待も抱いていたのだ。

f:id:ICHIZO:20170515050130j:plain

会場近くの駅に着いたら、小雨。

続きを読む

マラソン・ジョギング ブログランキングへ