餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

国内版「BlackBerry KEYone」Amazonで予約受付中!

今朝のエントリーで。

僕は、BlackBerry KEYoneのWeb予約分が1時間で完売してしまったと書いた。

が、今日、帰宅後、amazonをつらつらと眺めていたら、正規代理店品として予約が開始されており、まだ、普通に受け付けていることがわかったからだ。

もしかすると、今朝は、僕が見逃していただけで、既に予約開始されていたのかもしれない。

f:id:ICHIZO:20170623203840j:plain

【日本正規代理店品】BlackBerry KEYone Black/Silver 32GB Android SIMフリー スマートフォン QWERTY キーボード PRD-63763-001

しかも…。

FOX公式(?)Webサイトより1,523円も安い!

純正ケースや保護シートなどの予約特典はつかないが、逆に言えば、そういった特典は必要ない(或いは、別途自分好みのものを用意する)ということであれば、こちらの方が得だったんじゃないかと思える。

公式Webサイトでは、U-mobile SIMの登録事務手数料(3,000円)無料という予約特典もついていたが…。

amazonでは、MVNO各社とのSIMセットモデルの予約も受けつけていた。

 IIJmio SIMカードウェルカムパックセット

LINEモバイル 音声通話SIMエントリーパッケージセット

OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIMセット

 こういったセットであっても、公式Webサイトのものより1,000円安くなるので、「ケースやシートは不要。でも、SIMは欲しい」という人にとっても、amazon版の方が得だ。

 Twitterでは、ビックカメラでも予約を受け付けているという情報をいただいた。店頭受け取りできるのは便利だし、ポイントが使えるというメリットもある。

僕は、BlackBerry KEYoneが、意外にも(?)爆発的人気なのかと思って、今朝のエントリーを書いたが、どうにもそうではないようだ。

ただ、この端末が気軽に入手できそうというのは嬉しいし、ビックカメラで予約販売されるということは、発売後、実機を確かめることもできると思う。

この端末の国内版発売をきっかけに、またBlackBerryの素晴らしさが、再認識されるようになると嬉しい。

国内版「BlackBerry KEYone」初回Web予約分、1時間で完売!

売れる、とは思っていた。

f:id:ICHIZO:20170623033604j:plain

日本独自の型番を持ち、技適も獲得、サポートまでついた、国内版の最新BlackBerryなのだ。

f:id:ICHIZO:20170623035032j:plain

Blackberry KEYone BBB100-1 (Black 32GB) [並行輸入品]

KEYoneは、既に並行輸入版がAmazonで販売されているが、その価格は、84,980円もする。

しかし、今回の国内版は…。

f:id:ICHIZO:20170623034200j:plain

税込69,800円。

なんと、「国内正規版」の方が、1万5千円も安く販売されるのだ。

BlackBerryは、docomo経由の販売としては、日本から撤退してしまったが、そんなことは、もう、何の問題もない。

今は、SIMフリーの時代。大手キャリアと契約しなくても、日本で普通に使えるのだ。素晴らしい。

今回のKEYoneは、TCL コミュニケーション正規代理店であるFOXが、完全サポートする形での発売。

FOXは、既にBBClassicやPrivなどでも日本販売実績があるから、実に安心して使うことができる。

さらに、今回のWeb予約分には、こんな凄い特典までつく。

f:id:ICHIZO:20170623040324j:plain

これは売れるに決まっているではないか。

ただ…。

f:id:ICHIZO:20170623041031j:plain

まさか、ここまですぐに売り切れになってしまうとは思っていなかった。

いやはや、まだまだBlackBerry の人気は根強いのだなぁ。実に嬉しい。

FOXは、このWeb販売サイトだけでなく、Amazonやビックカメラなどとも連動しているようなので、もしかすると、今後、他でも予約ができるようになるかもしれない。

しかし、現時点ではその情報が見つからないので、もしも、第二次ロット分がいち早く欲しい人は、こちらで、お知らせメールに登録しておくのが良いと思う。 

 

【追記】※6月23日21時現在

なんのことはない。amazonでは、この正規版も普通に予約受付されており、まだ予約できるようだ(汗)

 

 

 

「Nokia、日本市場に復活!」…で、思い出す愛しの名機たち

昨日は、ちょっと嬉しいニュースが流れた。

モバイラーなら、誰でも一度は心ときめいた、あのNokiaが、日本市場に復活!というニュースだ。

復活するのは、スマートフォンなどではなく、「Wi-Fi対応体重計」や「ウェアラブル活動量計」などといった分野で、既に、Amazonでは、発売が開始されている。

f:id:ICHIZO:20170622041751j:plain

こういったコーナーまでできているぐらいだから、この復活には、かなり力が入っていることがわかる。

これまで、このタイプの体重計は、数万円するのが常だったが、今回は、機能を絞ったモデルもあり…。

 

Nokia スマート体重計 Body ブラック Wi-Fi/Bluetooth対応 BMI体重計 【日本正規代理店品】

一番シンプルなものは、1万円を切って、8,510円という魅力的な価格設定。

僕は、毎日起床してすぐ、iPhoneのWithingsアプリで、体重を手動入力するのが日課になっているため、それを自動で行ってくれるこういった体重計は実に魅力。

しかも、夜明け前の、今、ポチれば「本日中にお届け」されるということで、かなり心がぐらついた。

そう、Nokiaは、Withings社を買収しているからだ。

f:id:ICHIZO:20170622045527j:plain

アプリは、今回、大きくバージョンアップされ、「Nokia Health Mate」という名前に変更。

大胆に、斬新に変更されたアプリを眺めていると、この分野での日本市場再起を賭ける、並々ならぬ意気込みが伝わってきた。

今回の復活に際しては、体重計以外にもさまざまな商品が発表、発売されており…。

f:id:ICHIZO:20170622052813j:plain

Nokia 活動量計 Go アクティビティ& 睡眠チェック ブラック 【日本正規代理店品】 

 シンプルでリーズナブルな活動計や…。

f:id:ICHIZO:20170622053244j:plain

 Nokia スマートウォッチ Steel アクティビティ&睡眠監視 ブラック 【日本正規代理店品】 

クールなスマートウォッチも発売されている。

価格はちょっと高くなってしまうけれど、これなどは、心拍計まで搭載されていて、かなり魅力的だ。

ということで、ノキアの日本市場復活はとても嬉しいのだけれど、それとともに、ちょっとした寂しさも感じている。

僕にとって、ノキアと言えば「モバイル」で、かつて、その《尖った》端末たちに痺れまくっていた時代があったからだ。 

f:id:ICHIZO:20170622040431j:plain

あぁ、懐かしいなぁ。

ノキアは、スマートフォン市場においても、世界市場の先駆だったのに、その端末たちが、日本に根付くことなく、姿を消してしまったのは、本当に寂しかった。

今現在、日本に溢れるスマートフォンは、フルタッチスタイルばかりで、(見た目的には)全く面白くない。

だから、そんな今のスマートフォンと比べてみると、ノキア端末たちの凄さが際立つ。画期的、意欲的で、尖った端末がたくさんあり、弄ぶのが本当に楽しかったんだよなぁ。

新しい市場でのノキアは、こういった楽しみを僕らに与えてくれるのだろうか…。

この連載も、「その1」を書いたまま止まってしまっているので、これを機に(?)再開させなければなぁ…と思う(汗)

「GPD Pocket」Aliexpress.comで発売中!

心が揺れまくった。

なんと、もう、簡単に、「GPD Pocket」がゲット可能であることを知ったからだ。

数日前のエントリーで書いたように、僕は、現在、INDIEGOGOからの出荷連絡を待っている状態。

しかし、WebやSNSなどでは、同機のゲット報告、利用レポートが続々上がってきているため、いったいどういうことだろうと思って、いろいろと調べてみたら…。

f:id:ICHIZO:20170620041226j:plain

Buy Products Online from China Wholesalers at Aliexpress.com

なんと、Aliexpress.comで発売されているではないか!

日本への配送も可能で、しかも、注文して数日後には届くらしい。いやはやこれはたまらない。

ゲットした人の報告によると、技適もちゃんとついているようだ。

売価は定価の$599となっており、INDIEGOGOの「投資」代より$200も高い*1が、いち早く入手できる喜びは代えがたい気がした。

それに…。

GPD Pocketが、僕のお気に入り端末になることは確実だと思えたので、そうすると、「予備機があってもいいんじゃないか…?」という思いがふつふつと沸いてきた。

ただ、今回は、今回だけは、そんな思いを何とか抑えることができた。

それは、今週末がサロマ湖100kmウルトラマラソン遠征になっていたため。

今、注文すると、到着は今週末になる可能性が高く、それだと、僕は受け取れないし、弄ぶこともできないからだ。

サロマで何とか完走して、そのお祝い(?)として届く筈のINDIEGOGO版を、楽しみに待とう。 

 

 

 

*1:発売直後であれば、15%オフの$509で入手できたらしい。

「GPD Pocket」初回ロットの出荷開始、日本向け技適獲得の朗報、届く!

 嬉しくてたまらない。

f:id:ICHIZO:20170616204137j:plain

ついに、 GPD Pocketの出荷が始まったからだ。

僕が、INDIEGOGOで、このPCの開発に「投資」してから4ヶ月。

クラウドファンディングという仕組みだけに、100%発売されるという保証はなかったが、僕は心配していなかった。

なにしろ、当初の募集額のなんと1520%オーバーとなる318万2160ドル(約3億5千万円)を調達したプロジェクトだったし…。

「あの」GPD WIN *1を発売した、GPD社による企画だったからだ。

GPD Pocketの開発が始まってからも、その経過を伝えるべく、INDIEGOGOから頻繁にメールが届いていたのも、安心のよりどころになった。

そして。

今週半ば、「New Campaign Update!」として、待ちに待ったメールが届いた。

f:id:ICHIZO:20170617041225j:plain

やった!ついに出荷が始まった!

当初の予定通りではあるけれど、実際に、出荷開始のお知らせが届くと、やっぱり嬉しい。

この文面の下には、今回出荷商品のトラッキング状況一覧(Excelファイル)へのリンクURLが記載されていた。

僕は、喜び勇んでURLをクリックし、そのファイルの中に僕のナンバーを探したが…含まれていなかった。

ただ、僕はそれほど落胆してはいなかった。僕は、投資開始後しばらくしてからの参加だったから、初回分に間に合わないのは必然。

いざ、出荷が開始されてしまえば、大量生産されるようだったので、時間の問題だろうという思いもあった。

そして、メールに戻って、リンクURL以降の文面をつらつらと読みすすめると、僕は思わず歓喜した。

 For all of Japanese backers. We have got the GITEKI certificate number for GPD Pocket.

However the formal GITEKI certificate still need to wait a few days,it should be next week.

So we will start the delivery to Japanese backer next week, in order to make sure you all can use the GPD Pocket without any issue in Japan. 

GITEKI!

そう、日本用の技適*2がつくと、書かれていたからだ。

そして、その正式な手続きに少し時間がかかるため、日本向けの出荷は、来週になるとの内容だった。

僕は、今回、この商品を海外から輸入するにあたり、一抹の不安があった。

前述の通り、クラウドファンディングで「発売」されることについては、何の心配もしていなかった。

しかし、日本版のプロジェクト*3に参加しないと、技適がつかないのでは…?という一抹の不安があったため、この保証は、本当に嬉しかった。

GPD Pocketは、Windowsパソコンだから、技適がなくても、使い方によっては、日本で使うことは問題ないような気もする。

ただ、もちろん、これは「通信ができる」コンパクトなPCだからこそ、大きな意義があるので、技適の正式搭載告知は、本当に嬉しい。

僕の出資分が、いつ出荷されるかについては、まだ明確になっていないけれど、きっと時間の問題だろうと思うので、あとは、その日を楽しみに待ちたい。

 

まだ、日本への発送も始まっていないのに、もう、液晶保護フィルムが発売されているw

ちょっと驚いたけれど、ミヤビックスならば安心だし、僕の性格上、入手後すぐに貼っておきたくなることは必定。

とりあえず買っておくかなぁ…。

*1:クラウドファンディングから生まれた、ゲームパッド+QWERTYキーボード搭載の、画期的な5.5インチWindows 10 PC。

*2:電波法令で定めている技術基準に適合していることの証明。無線利用時に必要。

*3:日本のクラウドファンディングサイトであるMakuakeでも、現在、募集が開始されている。ただし、価格は、INDIEGOGO版より数万円高く、発売も10月予定になってしまう。

人生初、の優秀賞ゲットーっ!「au×はてなブログ特別お題キャンペーン」当選!!

突然の朗報だった。

昨日の日中、僕は、「週刊はてなブログ」から、突然のIDコールを受信した。

f:id:ICHIZO:20170419054629p:plain

3月に実施された、このキャンペーンの結果に関するエントリーで、僕のはてなIDが言及されたというお知らせだ。

ということで、僕は、ちょっとドキドキしながら、週刊はてなブログの記事に飛んでみると…。

続きを読む

超お得!なガラスシートに救われた、僕のiPhone SE

(承前)

起伏走時の油断から生じた、iPhone SEの落下事故。

僕にとっては、iPhone 5Sに続いての液晶破損になる。

今回は、あの時ほど派手に割れてはいなかったが、激しいスピードで走っていた身体から落ちたので、その衝撃は相当なものだった筈だ。

案の定、傷が生じてしまったのは、液晶の中央部だけではなかった。

f:id:ICHIZO:20170410051128j:plain本体下部にも、大きなひび割れが生じてしまっている。

ん?

…と、ここでようやく僕は気がついた。

続きを読む

マラソン・ジョギング ブログランキングへ