読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

NY

コニーアイランドふたたび

今年のNY行では、4年ぶりにコニーアイランドを訪れた。 マンハッタンから1時間で行ける楽園。とびきり旨いNathan'sのホットドッグ、どこまでもどこまでも続くボードウォーク、レトロな観覧車と木製ジェットコースター。何もかもが大好きだ。 以下は、いつも…

2010 NY Scene

そう言えば、今年のNY旅行を振り返っていなかった。 今年は、旅行中Twitterでつぶやきまくっていたため、すっかりブログでも書いた気分になっていた。不覚。Twitterは基本的に流れてしまうものだから、やっぱりこの小部屋にも残しておきたい。ということで、…

長時間フライトの憂鬱と退屈を癒してくれるiPad (続)

(承前) iPadは極上の動画鑑賞端末だ。 だから、長時間フライトには本当に向く。しかし、機内でiPadが輝く理由は、動画に限らない。ゲームしたり、自炊した本を読んだり、アプリケーション次第で、その可能性は無限に広がる。中でも、僕が今回活用したのが…

長時間フライトの憂鬱と退屈を癒してくれるiPad

成田からニューヨークまでの飛行時間は約13時間。 とにかく長い、長すぎる。これをエコノミーの狭い座席で耐えるというのは本当に苦痛だ。NYは大好きだけれど、フライトのことを考えただけでも憂鬱になる。 今年も勿論きつかったことは変わらないが、極上の…

成田空港なう

13時間超の、長いフライトを終え、成田に到着した。 飛行機を降りたってまず最初に感じたのは、「うわっ、蒸し暑い」ということ。機内のアナウンスでも、到着地の気温が31度と流れたとき、どよめきが起こっていたのを思い出す。 それにしても暑い。蒸し暑い…

9700で撮ってみたタイムズスクエア&自由の女神&カモメ

もう帰国の準備に入らなければいけないのだけれど、毎年恒例としていた企画のアップを忘れていたので、慌ててエントリー。

I'm in JFK now.

NY

ようやく着いた。 ただでさえきつい深夜の長時間フライトなのに、機内各所で乳児が泣きわめき、ほとんど眠れない状態。しかも、空港に着陸した後、管制塔からの指示で、なんと1時間近く(!)足止めを食らうという、最悪の幕開けになった。 でも、それでもやっ…

9年目の911

NY

2001年9月11日。 これからどんなに歳をとろうとも、あの日のことだけは忘れないと思う。活気溢れる世界の中心地、マンハッタンに悲劇が降った日。そして、あの時僕はニューヨークにいた。ワールドトレードセンターから5kmの地点に。 あれから9年。何より思う…

CASA BRUTUS 121号「新しいスタイルはいつも、ニューヨークから始まる!」

会社近くのセブン-イレブンで発見。ノータイムで購入。

「Scmap!!」で甦るアメリカ自然史博物館の感動

嬉しかった。 ボストンの写真に続いて、またしても、「Scmap!! 」の編集部から、ガイドブックへの掲載依頼が来たからだ。しかも今度はニューヨーク。それも、僕の大好きなアメリカ自然史博物館の写真を掲載したいという連絡だったから、嬉しくてたまらなかっ…

ポスターと本編のギャップを感じた「脳内ニューヨーク」

超難解。 見たのは先週なのだけれど、未だに頭の中が整理できないでいる。うまく咀嚼できてからエントリーしようと思ったけれど、どうにもうまくまとまらないので、現時点での思いをとりあえず書いてみることにした。

ボストンへの小旅行(その4 行きはよいよい、帰りは…)

NY

承前 フリーダムトレイルの終着地Bunker Hill Monumentを出ると、時刻は17時半を過ぎていた。まだまだゆっくりボストンの街を堪能したかったのだけれど、もう時間がない。18時40分発の列車でNYへ帰らなければいけないからだ。 ということで、お土産を買う時…

ボストンへの小旅行(その3 フリーダム・トレイルを歩く)

NY

最初は、ダックツアーに参加しようと思っていた。これは、ボストン市内を、このような水陸両用車で一巡りするというものだ。チャールズ川にも入水できるということで、非常に人気があり、なかなかチケットがとりにくいという情報だった。 確かに、いざ販売窓…

ボストンへの小旅行(その2 魅惑的な街並に痺れまくる)

NY

喧噪のマンハッタンから、アセラ・エクスプレスで約4時間。ボストンに着いたのは、10時だった。駅に降り立った瞬間から、僕は、マンハッタンとも、ワシントンD.C.とも違う、独特の風を感じていた。石畳が残る道、レンガの建物。穏やかで落ち着いた街並は、歩…

ボストンへの小旅行(その1 感動のAcela Express)

NY

ニューヨークはとても大好きな街で、毎年行っても飽きることはないのだけれど、折角アメリカ東海岸まで来ているのだから、少し脚を伸ばしてみたくなるのが心情だ。 ということで、今年もNYからの日帰り小旅行を行うことにした。目的地はボストン。2年前のワ…

2009.9 INTREPID MUSEUM

僕が行った「もうひとつのミュージアム」とは、イントレピッド海上航空宇宙博物館だった。 ミリタリー好きの後輩から強力に推奨され、2年前にも行こうと思ったのだけれど、その時は改修工事をしていて行けなかった博物館だ。だから、2年越し、念願の訪問で、…

2009.9 NY MUSEUM

いやぁ、flickrが面白くてたまらない。 まだまだわからないところだらけなのだけれど、その試行錯誤もまた、面白い。連休明け初日の朝なのだから、仕事モードに切り替えて、びしっと臨まなければいけないのだけれど、3時に起きて写真のセレクト、並び替え、…

flickrにアップしたNYの街角風景

いやぁ、Flickr to HTMLって便利だなぁ。こんな簡単にflickr画像がはてなに掲載できるなら、もうフォトライフいらないかもw いやはや素晴らしすぎ。このツールを生み出していただいた作者の方には、本当に感謝したい。 Flickr to HTML : 画像を選んで<img>タグに

スクリーンに釘付けだった「サブウェイ123 激突」の105分。

個人的には、今年のベストワン映画。 105分間、僕は息を呑みながら、スクリーンに見入っていた。 まさに圧巻のシティパニック・ムービーだ。「24」を彷彿させるようなリアルタイム性のあるサスペンスで、緊迫感では、「24」をも凌ぐと思う。ハリウッドを代表…

8年目の911

NY

9月11日。 この日のことだけは一生忘れない。いつしか8年も経ってしまったけれど、今でも、目の前で起きた事件のように思い出せる。初訪問だったNYで起きた、衝撃の瞬間を。 合掌。

最後の最後に待ち受けていた悲劇

午後4時15分。 定刻より若干遅れたものの、僕の乗った飛行機は、無事成田空港に着陸した。長いようで短かった4泊6日。でも、これといって大きなトラブルなく、自分なりに十分リフレッシュができた。 飛行機を出て、いざ、旅行中に止めていたBBBの3G回線を復…

再び撮ってみたタイムズスクエア

昨日のエントリーで、BBBで撮ったタイムズスクエア画像を紹介させていただいたのだけれど、その後、ちょっとおかしなことに気がついた。 夜の写真も一応撮っておくかと、BBBのカメラを構えてみたところ、なぜか(?)ズームが3倍の設定になっていたのだ。そ…

ストレートQwerty端末の楽園、ニューヨーク

いやぁ、嬉しい。 NYに来て、何が一番嬉しかったかというと、出会う人誰も彼もが、「ごく自然に」ストレートQwertyのスマートフォンを持っていることだった。 実は密かに「スマホ情景」シリーズの番外編でもやってみるかと計画していたのだけれど、その計画…

Wi-Fiでプッシュメール送受信可能!…って、罠?

ニューヨークへ旅立つにあたって、僕は、ドコモ・ブラックベリー・ケアに電話で問い合わせた。BBBのプッシュメールが、海外でのWi-Fi送受信に対応しているかについて、はっきりと確認した。日常、BBBのプッシュメール機能をとにかく便利に使っているので、で…

BlackBerry Boldで撮ったタイムズスクエア

早速、例によって、お供のスマホでタイムズスクエアを撮影してみることにした。 今年の端末は、もちろん、BlackBerry Boldだ。BBBは、カメラの性能が泣き所なので、あまり期待はしていなかったけれど、やはり…。

2年ぶりのマンハッタン〜JFK Airportに降りたって

NY

約12時間のフライトを終えると、そこには青い空が広がっていた。

「サブウェイ123」前売券についてきたモバイルグッズ

僕がニューヨークを大好きなのは、これまでに何度も書いてきているけれど、とりわけ気に入っているのは地下鉄だ。 かつては危険で汚い乗り物として名高かったが、少なくとも昼間は安全*1のように思えるし、綺麗な新型車両も増えてきた。いい加減な運行スケジ…

「扉をたたく人」で感じたニューヨークの光と影

先週末、恵比寿ガーデンシネマで観賞。 現状は、上映の映画館がとても限られている*1作品で、一瞬迷ったが、見に行って良かった。今年見た作品の中では、「チェンジリング」「グラン・トリノ」と並ぶベスト級の逸品。文句なしの五つ星だ。 以下、ネタバレな…

Coney Island

BBBのテーマや壁紙を変更してみようと思い立ち、過去に撮った旅行の写真などを眺めていたら、その画像への思い入れが次から次へと甦ってきて、いつの間にか数時間も経過してしまっていた。月曜の朝は毎週つらいのだから、暦が日曜のうちに眠ろうと思っていた…

奇跡に胸をなで下ろす

15日、米ニューヨークのハドソン川に旅客機が不時着し、機体から脱出する乗客。川を航行するフェリーの乗客が撮影(AP) 良かった。本当にほっとした。 ハドソン川への不時着後は、機内に水が入り、一時は腰までつかるような状況もあったという。今の時…

Invitation 1月号

実を言うと、この雑誌の存在さえ知らなかったのだけれど、ニューヨーク特集と云うことで迷わず購入。発行元は「ぴあ」だった。ちょっと意外。 どういった性格の雑誌なのかと思って、公式サイトを確認してみると、以下のように説明されていた。

何かがおかしい?

今年は、この時期恒例のNY行がない。そのため、せめて気分だけでもと思いながら、現地で纏め買いしたTシャツを毎日着ている。何しろ、自分用として10種類以上も買っているのだ。中でも、チープなデザインで気に入っていたこのTシャツ。最近まで気がつかなか…

あれから7年

NY

もうそんなに経ってしまうのか。今でも、昨日のことのように思い出せるのに。 あの時僕はニューヨークに居て、華やかだった街が一瞬にして暗転してしまう瞬間に遭遇した。「New York is closed」の札を掲げ、店という店が一斉に閉まる。誰も彼もが不安な顔。…

《謎だらけ》だからこそ素晴らしい、「クローバーフィールド HAKAISHA」

本日公開の超話題作だ。これまで僕は、映画に殆ど興味がなく、1年に1作見るかどうかというぐらいの状況だった。それが、年末の「アイ・アム・レジェンド」に続く鑑賞、それも、公開日当日に見に行くなんて、我ながら驚いている。もともと、SFパニック系の…

Frozen Grand Central

この動画のタイトルを見た時、最初は、グランドセントラルステーションが、何らかの理由で凍りついてしまったのかと思った。冬場のニューヨークはかなり冷え込むからだ。 しかし、実際の映像を見てみると、それは全く勘違いだった。なるほど、確かにこれは衝…

アイ・アム・レジェンド

年末年始一番の超話題作である。 いつもは殆ど映画を見ない僕だけれど、これだけは何としても行きたかった。「地球最後の男に希望はあるのか。」という壮大なSFテーマ。しかも舞台が、廃墟となったニューヨーク。生粋のSFファン*1であり、ニューヨークを…

NYサイコロストラップ:ケータイWatch

NY

こんなものが売っているとは思わなかった。しかもニューヨークではなくて日本で。 よく考えてみれば、アメリカでは携帯ストラップという概念がほとんどないし、そもそも電話自体にストラップホールなどついていないのが普通だから、見かけなくても当然かもし…

ニューヨークに行きたくなる歌ベストワン

NY

帰りのJAL機内で。 オーディオメニューに「80年代のヒットポップス」というジャンルがあり、その中に、僕がNYソングNO1と思ってやまない、この歌が含まれていた。素晴らしい。思わず僕は、JAL,Good Job!と(心の中で)叫んでしまったほどだ。 八神純子「パ…

とりあえず帰還

NY

ニューヨークのJFK国際空港から、YOKOSO!JAPAN号*1での長い長い13時間のフライトを終え、さきほどようやく成田に辿り着いた。行きと同様、スカイライナー車内からの接続である。イー・モバイルの電波は、車内でも全く途切れることなく快調に電波を掴んでくれ…

帰国前夜

NY

これを書いているのは、NY時間で18日の深夜。これから眠ったら、明日はもう帰国日である。毎年思うのだけれど、4泊6日の旅では、やはり圧倒的に時間が足りない。 贅沢を言えるような身分ではないから、旅行ができるだけまだましと考えなくてはいけないのだろ…

ワシントンD.Cへの小旅行(出発編)

NY

ニューヨークからワシントンD.Cへの旅は、何年か前から計画していたのだけれど、やはりちょっと時間がかかるので、二の足を踏んでいた。 1週間も2週間もNYに滞在できるならいいが、実質3日程度しかない自由時間のうち、丸1日をワシントンにとられてしまうの…

マンハッタンの地下鉄構内広告

うーん、やっぱりTreoは素敵だ。素敵すぎる。端末と掌だけで絵になる広告なんて、そうそうあるもんじゃない。あぁ、日本でもこういう広告を見られる日が、いつかは来ないものだろうか。

SmartPhone's paradise,NY

マンハッタンにあるBest Buyというショップで、ちょっと盗撮(^^; もちろんこれらはモックだけれど、それでも、これだけの前面Qwertyキーボード搭載スマートフォンが並ぶと壮観である。さすがはニューヨークだ。日本でも、いつかこういう日が来るのだろうか。…

タイムズスクエアを撮って感じたアドエスWVGAの底力

ニューヨークに到着したら、何よりまずやりたいことがあった。アドエスによるタイムズスクエアの撮影だ。去年は、[es]のマクロモードで撮ったエントリーをあげて大恥をかいたので、今年はそのリベンジを果たすつもりだった。今年は1回でぴしっと決めたるぞ、…

7年目のニューヨーク行

NY

今、これを書いているのは京成スカイライナーの車内である。 あと数時間で、僕はNY行きの機内に入ってしまうので、今日の更新は、おそらくこれが最後になると思う。毎年恒例、ちょっと遅めの夏期休暇だ。 思えば、2001年にあの忌まわしいテロに遭遇してか…

アメリカ独立記念日に[es]で花火

Palm、PocketPC、Smartphoneの画面上で花火が楽しめる、とても素敵なソフトウェアである。 cooldadのモバ日記さんで紹介されているのを見てから、ずっと気になっていたのだけれど、なかなか導入することができなかった。しかし、何とか独立記念日に間に合っ…

JAL機内インターネットサービスの終了について

実にショックだ。 ニューヨークまでは13時間以上のフライトになるから、インターネットはまさにうってつけの退屈しのぎだった。去年、今年と利用させてもらって、本当に便利だったのに、それが終了してしまうとは本当に残念である。 機内での無線インターネ…

機内使用についての逡巡

これを書いているのは、JFK国際空港のサクララウンジである。 まもなく搭乗開始となるが、機内では、映画&睡眠に集中して、インターネット接続はしないつもりだから、これが帰国前最後のアップとなる予定である。 ただ、旅の記録としては、色々と書き留めて…

帰国前の嘆き

NY

ついこの間ニューヨークに着いたばかりだと思っていたのに、あっという間に最終日になってしまった。 これを書いている今は、こちらの時間で深夜1時半すぎ。もう、今日の午後1時30分には帰りのJALに乗っていないといけないので、既に12時間を切ってしまった…

[es]で撮った雨のタイムズスクエア

実を言うと、僕はこれまでW-ZERO3[es]のカメラ機能を殆ど使ったことがなかったのだけれど、折角NYまで持ってきたのだから思い、撮ってみることにした。 普段は、インターネットやメール、電話と多岐にわたってマルチに活躍してくれる[es]なのだが、異国の地…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ