読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

進化?退化?廉価!新iPad

appleからは、赤い衝撃のiPhone 7とともに、新iPadも発表された。 発表前には、10.5インチの新型iPad Proが出るとか、7.9インチのiPad miniが進化して、iPad Proシリーズとして登場するという噂もあった。 僕は、そんなにiPadの系列が分化すると、何が何だか…

電子機器の無念…から始まった海外遠征

準備は万全、だと思っていた。 今回の旅に必要なものはすべてチェックリストに書き出していて、ボストンバックや小物、衣類などは、先週の日曜日に、集荷宅配で引き渡し済。 あとは、当日、身軽なスタイルで旅立てばいい、だけの筈だった。 おととしのNY以来…

なぜか突然起動しなくなったiPad Air 2…強制再起動で復活!

昨日の夜。就寝前のひととき。 枕元のiPad Air 2で、REINY先生の最新レッスンを受講してから眠ろうと思っていたら…iPadが起動しなかった。 しかし、最初は軽く考えていた。こういう時は、電源ボタンを長押しして再起動すればいいというのが、僕の経験則。そ…

絶妙で快適な「iPad Air2」&「iPhone 5S」併用生活

これぞ、最強コンビ。 そう思ってしまうほど、この2機の組み合わせは素晴らしい。

4年半の進化が凄すぎて、痺れるばかりのiPad Air 2

つい先週まで、僕は普通に初代iPadを使っていた。 初代が発売されたのは、2010年4月。僕はその発売直後にゲットして、しばらくの間興奮しまくったことを思い出す。 あれから4年半。長い、長い月日が経った。しかし、僕にとっては、未だ欠かせない端末だった…

iPad Air 2 ゴールドの美しさを損ねる…?セルラーモデルデザイン

iPad Air 2には、3色のモデルがあるが、僕はゴールドを選んだ。 iPadとしては、今回から登場した新色で新鮮。アップル公式のWebサイトでも、ゴールドがメインに取り上げられていて、とても美しいと思ったからだ。 ちょっと僕には派手なんじゃないかという気…

iPad Air 2がやって来た!

今回は、迷わなかった。 iPhone 6発売の時には、5からの切り替えタイミングだったこともあり、悩みに悩んだ(で、結局5Sを選んだ)が、今回は即決だった。 アップルストアでのオンライン販売開始当日に予約。昨晩届いていた。 いやはや、嬉しい。 何しろ僕は…

「iPad Air 2」の進化ぶりと「iPad mini 3」の無変化ぶりに驚いた未明

日本時間の今日未明。 この時期恒例のアップルイベントにて、新型のiPadが発表された。前日にフライングで公開されていたから、大きなサプライズはないと思ったが、それでも僕は驚いた。 Apple - iPad Air 2: なんという薄さ!

iPad mini Retinaディスプレイモデル発売開始!

突然だった。 「11月中発売」という曖昧な表現がなされていたので、もう少し時間がかかると思っていた。液晶部品の調達が遅れているという噂もあったので、尚更。 それがいきなり、昨日発表で今日から発売開始。ちょっと驚いた。 iPad mini Retinaディスプレ…

iPad Air 発売!即ゲット可能!!なのに…揺れる心

11月1日。 遂にiPad Airの発売日となった。事前予約は受けつけていなかったが、今日から全国各地のApple Storeなどで一斉に販売が開始される。 公式Apple Store(日本)- iPad Air、MacBook Pro、ほかにもたくさん: そして、WebサイトのApple Storeでも購入…

「次」が、そう遠くないのは明白だから、心乱れるiPad128GBモデル

まさかこのタイミングでこれが出るとは。 Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、iPad Retinaディスプレイモデルを128GBに増量 僕は、未だに初代のiPadを使っているのだけれど、乗換のチャンスはいつも狙っていた。

変幻iPadキーボード!より17年も早く登場していた「ThinkPad701C」の革新

iPadの外付けキーボードは、これまでに多々発売されているが、このタイプは初めてだった。 「がしゃーんがしゃーん。iPadを起こすと変形・展開するすごいキーボードだよ!」とレビューされており、かなり人気を集めているようだ。 確かに、iPadのキーボード…

「for iPad」アプリの使い勝手を知りたいiPad mini

(承前) iPad miniは、あくまで、iPadの縮小版。決してiPhoneの拡大版じゃない。 そんなことは当たり前で、僕に言われなくてもわかってると言われそうだけれど、Webを見ていると結構誤認されている。 一般の人が書くならばまだしも、メジャーなニュースサイ…

iPad miniの実機で心ぐらつく

Apple Store渋谷は、今日も賑わっていた。 僕が訪れた目的は、Lightning - Micro USBアダプタを求めるためだった*1のだけれど、わざわざApple Storeまで行っておいて、これに触れずにいられるわけがない。 アップル - iPad mini - 特長 もちろん、iPad mini…

「聖痕」のない朝なんて…。

僕の朝は「聖痕」から始まる。 これは朝日新聞で連載が開始された7月13日以来、ずっと変わらない習慣だった。 しかし、今日はいつもと勝手が違った。「聖痕」が「ない」のである。連載始まって以来、初の休刊日にあたってしまったからだ。 僕は、「聖痕」の…

日経新聞電子版購読開始!で沸き上がってきた物欲

モバイル端末で読む新聞が、まさかこんなに快適だとは思わなかった。 もとはと言えば、朝日新聞で小説連載が始まった筒井康隆先生の「聖痕」を、いつでもどこでも読めるようになりたい、というのが購読のきっかけだったのだけれど、気がつくと、いろんな記事…

iPadをレギュラー復帰させるまでの2つの壁

久々に、iPadを使っている。 「新しいiPad」でも「iPad 2」でもなく、初代iPadだ。僕は、延々と初代を使い続けているので、格段にスペックアップした「新しいiPad」の発表時には、かなり惹かれた。 しかし、冷静に考え直してみると、僕の利用用途では、初代…

「新しいiPad」という名の新しいiPad登場!で思ったこと

未明の揺れで目が覚めた。 起きてすぐTwitterのタイムラインを眺めてみると、いつもの未明よりもやたら賑わっている。皆、地震で起こされたのかと思ったら、そうではなかった。 この端末の発表で揺れていたのだ。 アップル ― 新しいiPad ― 外も中も、鮮やか…

かたや頼もしき、かたや頼りなき、スタミナ落差に驚く2台

昨日は、久々にiPadとDell Streakを持ち出した。 どちらも僕の「一軍」ラインナップ端末ではあるが、何しろ一軍だけで6台もあるので、毎日全てを持ち歩くわけにはいかない。最近は、荷物が多いことと、PlayBookの守備範囲が広がっている為*1、少しご無沙汰だ…

iTunes Store Movieレンタル初体験の教訓

今回のNY行は、殆ど事前準備ができないまま出発した。 いつもならば、旅程中の観光プランを練っておいたりするのだけれど、今回は、マラソン関係のイベント中心に過ごすことが決まっていた為、それほど準備がいらないと思っていたのだ。 確かにそれは事実だ…

モバイル装備と計画の甘さを悔いた旅(後編)

(承前) 洞爺湖マラソン当日の朝。 目覚めると、iPhone 4のバッテリは50%を切っていた。嘘だろ、と思ったが、事実なのだから仕方がない。本当は、BB同様、眠る前に電源を落としておくつもりだったのだけれど、つらつらとTwitterのTLを眺めているうちに、寝…

モバイル装備と計画の甘さを悔いた旅(前編)

1泊2日の旅に用意したのは、3機だった。 BlackBerry Bold 9700、iPhone 4、そしてiPad。本当はDell Streakやmini Proも持って行きたかったが、旅の行程における利用用途を考えると、前述3台で代替が効くため、断念した。荷物は少しでも軽い方がいいからだ。 …

iPad&BB9700は最強のTwitterタッグ

僕のiPadは、3G回線なしのWi-Fiモデルだ。 最初はそれでも良いと思っていたが、通信ができないと何かと不便なことが多く、だから何となく持ち出す機会が減っていた。ひところは、Wi-Fiできる店を選んで使ったりしていたが、やっぱり色々と面倒だった。 しか…

正統進化したiPad2と、衝撃のカバーに沸いた未明

午前3時。 いつもなら閑散としている僕のTwitterタイムラインが沸いていた。そう、例によってアップルの新製品発表会だったからだ。USとの時差により、いつも日本では未明になる。そのため、モバイラーやアップルのファンは、みな寝不足で悩ましい(でも嬉し…

Compass for iPadと一緒なら、つい持ち歩きたくなる

iPadをあまり外で使わなくなった理由は、その重さと大きさ。 入手当初は、物珍しさもあって電車の中でも使ったりしていたのだけれど、最近は、そういう機会がめっきり減ってしまった。iPadで気に入っていたアプリの大半はiPhoneで事足りるし、iPad専用の「元…

あらためて惚れ惚れする「元素図鑑」の完成度

久しぶりにiPadを取り出してみた。 最近は、本当に使う機会が減ってしまっていて、今回も1ヶ月ぶりぐらいにサスペンドから復帰させたような気がする。しかし、例によって例の如く、抜群の待機力。未だ93%もバッテリーが残っているのには驚いた。 今回iPadを…

「待機力」が更にアップした気がするiPad

驚いた。 iPadをサスペンド状態から復帰させたのは、あの時以来で、もう1週間以上経つというのに、バッテリの残量が100%のままだったからだ。

全てのiPadユーザーにもたらされる至福。iOS 4.2がやって来た!

この日をどれだけ待ち侘びたことか。 アップル - iOS 4.2ソフトウェアアップデート 待ちに待った、実に待ちわびたiOSのアップデートだ。

長時間フライトの憂鬱と退屈を癒してくれるiPad (続)

(承前) iPadは極上の動画鑑賞端末だ。 だから、長時間フライトには本当に向く。しかし、機内でiPadが輝く理由は、動画に限らない。ゲームしたり、自炊した本を読んだり、アプリケーション次第で、その可能性は無限に広がる。中でも、僕が今回活用したのが…

長時間フライトの憂鬱と退屈を癒してくれるiPad

成田からニューヨークまでの飛行時間は約13時間。 とにかく長い、長すぎる。これをエコノミーの狭い座席で耐えるというのは本当に苦痛だ。NYは大好きだけれど、フライトのことを考えただけでも憂鬱になる。 今年も勿論きつかったことは変わらないが、極上の…

iPhone 4を買ってから…。

昨日。 ギズモード・ジャパンでアップされていたこの記事を目にして、ぎくっとした。まさに自分のことかと思ってしまったからだ。 3ヶ月前はiPadの大きな美画面のない暮らしなんて想像もできなかったのに、今は普通に暮らしてます、iPad抜きで。iPhone 4買っ…

素晴らしき哉電子化への道(その9 工具選びに四苦八苦)

承前 そろそろ、くだんの輩*1あたりから「そー言えば、例の自炊ネタ進んでませんね(笑)」とかツッコミが入りそうな気がするので、先回りして書いておく。正直に書く。 替刃交換には、未だに取りかかれていない。自炊セット+替刃で9万以上もかかっているの…

素晴らしき哉電子化への道(その8 裁断機は文具じゃない)

承前 ちょっと甘く見ていた。いや、甘すぎた。 裁断機PK-513Lは、文具や事務用品で有名なPLUSが発売している商品。だから、文具のように簡単に取り扱えると軽く考えていた節がある。しかし、当然のことながら、裁断機は文具じゃない、機械だ。 そんなことは…

置き時計としても楽しめるデバイス。しかも日替わりで。

iPadの特徴は、何と言ってもその筐体サイズだ。 iPhoneと同じUIを有しながら、9.7インチもの迫力ディスプレイ。これに尽きる。アップルのWebサイトでは、「ウェブ、メール、写真を楽しむ最高の方法。」と書かれているが、確かに、このサイズだからこそ、最大…

素晴らしき哉電子化への道(その7 替刃を買えば)

承前 刃こぼれとなってしまったPK-513Lに唖然とした僕は、打開策を求めてWebをさまよった。 先達の方々の中にも、同じような失敗をされている方がおられたので、その方策はすぐに見つかった。何のことはない。専用の替刃を買えばいいだけのことだった。 「替…

素晴らしき哉電子化への道(その6 電子化が止まっていた理由)

5月下旬頃、毎日喜々としてエントリーを書き続けていた、所有雑誌の電子化シリーズ。 「裁断機PK-513L」と「ScanSnap S1500」の《最強自炊コンビ》によって、お気に入りの雑誌たちがiPadに続々取り込まれていくのが楽しくてたまらなかった。 しかし、5月26日…

勢いで買った純正グッズたち(その3 良品純正ケースとワクワク感の葛藤)

値段分の価値は絶対にあると思う。 iPad Dockとは両立しない、という問題はあるものの、Dock利用にこだわらず、かつ安全快適にiPadを持ち歩きたいならば、この純正ケースはオススメ。

勢いで買った純正グッズたち(その2 「縦固定据え置き」用途で良いならオススメのiPad Dock)

ということで、iPad Dockだ。 現状、僕は純正ケースを利用しているため、このドックは使えない*1のだけれど、折角買ったのでご紹介ぐらいはしておきたい。 色々とケチはつけてしまっているが、ドック単体としては悪いモノではないのだ。 *1:その理由はこちらw

勢いで買った純正グッズたち(その1 購入前にしっかり考えるべきだったこと)

そう言えば、先月の28日にこれが届いていた。 iPad本体と同時に、アップルストアで予約が始まった時、勢いでポチってしまったものだ。本当に欲しかったのは、Camera Connection Kitだけだったのだけれど、「どうせ買うなら」ということで、他の純正機器も一…

ウェブ、メール、写真、そしてマジックを体験する、まったく新しい方法。

アイデアの勝利。 YouTubeにアップされて以来、Twitterの#ipadjpタグ界隈や、はてブなどでは話題が沸騰している素晴らしいネタだ。 僕も、昨日からTwitterで絶賛しまくったし、今更という感じはあるのだけれど、とにかく衝撃なので、やはりここでもご紹介し…

ついに日本上陸!

2010年5月28日。 今日という日は、後々語り継がれる月日になるかもしれない。画期的で革命的なデバイス、iPadの日本上陸日となるからだ。 アップルストア銀座では、既に26日から行列ができていたと聞く。このエントリーは4時台にアップしているので、発売開…

素晴らしき哉電子化への道(その5 仮想本棚の雑誌たちに酔う)

承前 ジャムに苦しみながらも、僕は淡々と作業を続けた。 結果、かなりの雑誌群をScanSnapで母艦PC内に取り込むことができた。PDF化されているので、PC内では簡単に閲覧が可能となっている。しかし、僕のゴールはもちろんここじゃない。 iPadを母艦PCに接続…

素晴らしき哉電子化への道(その4 ジャムとの苦闘)

承前 それは…ジャムだった。 JAMと言えば、僕のカラオケの定番ソングでもあるが、そのJAMじゃない。「紙が詰まる」という意味の方だ。スキャン当初はこれに嵌りまくった。 ScanSnapは、読み取りが超高速で、1冊の雑誌などあっという間にPDF化してしまうのだ…

素晴らしき哉電子化への道(その3 ScanSnapの進化に驚く)

承前 いくら立派な裁断機を入手したとしても、それだけでiPadに雑誌を取り込むことはできない。電子化するためのハードウェアが必要だ。 それは当然のことながらスキャナーになるが、裁断した雑誌を1枚づつスキャンしていたら、どれだけ時間があっても足りな…

生醤油うどんと烏龍茶で読書

夜8時を過ぎて、ようやく酔いが抜けたので、1日ぶりの食事をとった。 コシのあるさっぱりした生醤油うどん。烏龍茶。そしてiPadで読書。何だかとても幸せだった。汁の多い食べ物だと、iPadでの読書は気をつけなればいけない*1けれど、生醤油うどんならば大丈…

素晴らしき哉電子化への道(その2 サイダンをケツダンする)

承前 iPadぐらい大きな液晶があれば、雑誌も読みやすいに違いない、と僕は思った。想像だけではない。無料で導入できる「東京カレンダー」を読んでみて、僕はその快適さを実感していた。 ただ、手をこまねいているだけでは、家にある膨大な雑誌群は整理でき…

素晴らしき哉電子化への道(その1 雑誌の海の中で思ったこと)

小さい頃から、本が好きだった。 一ヶ月の書籍購入代は、かなりの額にのぼる。ここ数年は、モバイルデバイス関連の支出割合が増えているのだけれど、そのジャンルとも遜色ないお金を、本には注ぎ込んでいる。 書籍も勿論よく読むが、僕が特に好きなのは、雑…

動画鑑賞にオススメの「サイフ立て」

先週、iPadは「動画ビューアとして快適」と書いたが、その時一緒に紹介しておこうと思ったことを忘れていた。iPadの立てかけアイテムだ。 iPadは確かに大画面で素晴らしいのだけれど、形状としては薄い「板」なので、自立はしない。ということで、立てかける…

動画ビューアとして快適な3つの理由

たまらない。 i文庫HDによる読書もいいが、動画ビューアとしてもiPadは秀抜だ。

衝撃と感動のi文庫HD

絶句。あまりの衝撃で、僕は声を失った。 i文庫HD 600円の有料アプリではあるが、むしろ600円では安すぎると思えるほどだ。 まさにiPadのキラーソフトのひとつといえる筈だし、本好きならば、これだけのためにiPadを買ってもよいのではないか。僕はこれを導…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ