餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

Magazine

「ラ・シュビドゥンドゥン」(作詞・作曲・歌:筒井康隆 ピアノ演奏:山下洋輔)遂に公開!

脳内リフレインが止まらない。 昨晩から、何回続けて聞いたろう。眠りに落ちるときも、ずっと僕はその旋律と歌声の余韻に酔いしれていた。 今朝もずっと流れ続けているので、夢とうつつの境がつかなくなっているほどだ。 このエントリーを書いて以来、ずっと…

「最後にして最初のアイドル」星雲賞受賞!に感じた未来

いやぁ、時代は変わったものだなぁ…と思った。 SFファンなら誰でも知っている、星雲賞。その、今年の受賞結果を見て、僕は本当に驚いてしまった。 受賞作は以下の通り。 【日本長編部門(小説)】『ウルトラマンF』 小林泰三 【日本短編部門(小説)】「最後…

「ランニングマガジン クリール」の特集で引き締まる、サロマへの思い

いよいよ、サロマ湖100kmウルトラマラソンの日が近づいてきた。 iPhoneのカウントダウンアプリでは、あと30日の表示。 もう、残り1ヶ月を切ってしまったのだ。まだまだ先だと思っていたのに、月日の経つのは本当に早い。 岩本先生の練習帳に基づくスパルタト…

ウルトラの季節!「ランニングマガジン クリール」2017年6月号に、サロマへの刺激をもらった!

シニアランナーにターゲットを向けた今月号の「ランナーズ」。 それに対して、ライバル誌の「ランニングマガジンクリール」は、ウルトラランナーを狙って(?)きた。 ランニングマガジンクリール 2017年 06 月号 ウルトラの季節。

「筒井康隆自作を語る」が「SFマガジン」で連載開始!!!

昨晩、退勤後、書店に駆け込んで購入。手にとった瞬間から、興奮した。 SFマガジン 2017年 06 月号 この日が来るのを、どれだけ待ちわびたことだろう。

シニアランナー必読!「ランナーズ 2017年6月号」

今月号の「ランナーズ」は、シニア向けの特集が満載だった。 ランナーズ 2017年 06 月号 [雑誌] 僕は、もう7年目の読者になるが、ここまでシニアに寄った号は、そんなになかったんじゃないかと思う。

春だ!餃子マラニックしよう!「ランニングマガジン クリール」読後の誓い

今月号は、「ランニングマガジン クリール」も面白かった。 ランニングマガジンクリール 2017年 05 月号 「ランナーズ」同様、僕は、2010年の12月から定期購読中で、本棚の中には、読み切れなかったバックナンバーが揃っている。

【Sub3.5】【Over50】を意識しながら読み耽った「ランナーズ」2017年5月号

「月刊ランナーズ」を購読し始めてから、7年目になる。 走ることが好きになって以来、ほどなく定期購読するようになったので、僕のランニングライフには欠かせない雑誌となっている。 ただ、最近は、色々と忙しく、読み切れずに本棚行きになってしまうことが…

今日は雑誌の日!だから「SFマガジン」を読む。

今日は3月4日。雑誌の日だ。 …と、偉そうに書いたが、僕は、今朝のラジオを聞くまで、今日がそんな日であることを知らなかった。 僕は、10年ほど前、旧ブログ*1で、毎日記念日ネタを書き綴っていたが、その時に、そんな記念日はなかったからだ。 ということ…

NY好きランナーならゲットしておきたい、JAL機内誌「SKYWARD」2017年2月号

危うく見逃すところだった。 JALに搭乗した時、僕は、もっぱら、JALの機内誌「SKYWARD」を読んで時間をつぶすのが常だったのだけれど、今回は…。 このサービスがあまりに快適すぎて、そんな機内誌のことを忘れていたのだ。 しかし、帰りの機内で、ふと手に取…

「ポケモンGO」<「SFマガジン」VR/AR特集

今年の新語・流行語大賞も、また、不可解な結果になった。 「神ってる」…。 去年の「トリプルスリー」よりはマシだと思うけれど、果たしてこれが、今年を代表する流行語なのだろうか。どうにもこうにも釈然としない。個人的には、「ポケモンGO」しか考えられ…

赤組、日本航空ファン必読。「月刊エアライン」《JALの翼》特別編集号が出た!

あぁ、やっぱりJALはいいなぁ…。 AIRLINE (エアライン) 2017年1月号 僕は、昨日も終日忙殺され、ぐったりの帰宅だったが、定期購読で届いたこの雑誌に感激。しばし、時間を忘れて読み耽った。 3年前のJAL修行記憶が甦り、感慨が止まらなくなってしまったのだ…

iPhone&Android etc…同時充電可能な【ジッパー充電ケーブル】が素晴らしい!「日経トレンディ」2016年12月号は、セブン-イレブンで買い!

久しぶりに「日経トレンディ」を買った。 日経TRENDY2016年12月号 僕は、こういったモノ系、トレンディ系雑誌が大好きで、以前は、「DIME」や「モノ・マガジン」なども含め、さまざまな雑誌を定期購読していた。 最近は、あまり雑誌を読む時間がとれないこと…

ミステリ映画に浸りたい!と思った「ミステリマガジン」2016年11月号の渾身特集

9月24日発売。 既に発売から1週間以上経ち、例によって今更感が満載。しかし、旧ブログ時代から、この雑誌のレビューは続けてきたので、個人的な覚書として、やっぱり書き残しておくことにした。 ミステリマガジン 2016年 11 月号 [雑誌] 今号のメイン特集は…

「SFマガジン」海外SFドラマ特集号、読後の決心

完全オフの土曜日は、読書の日。 週末なので、もちろんロングランもしているけれど、僕の場合、夜明け前から走っているので、ランが終わっても、まだ、朝。そのあと丸1日たっぷり使えるのだ。 ということで、今日はゆったりSFマガジンを読んでいる。 もう、…

「The Japan Times ST」ジャンボクロスワードの景品的中!

とても嬉しい。 愛読している「The Japan Times 週刊ST」クロスワード企画のプレゼントが当たったからだ。 当選は、これで3回目。

餃子、新時代!「関西ウォーカー」渾身の餃子特集号が発売!!

いい時代になったものだ。 昨日、8月9日発売の関西タウン誌が、東京にいながらにして、発売日当日に入手できるなんて。 僕は、喜びを隠せなかった。 「関西ウォーカー」は、その名の通り、基本的には、関西地区限定のリージョナル雑誌で、関東圏書店での入手…

ミステリ・マガジン「ロアルド・ダール生誕100周年特集」が素晴らしい。

僕は、ミステリ・マガジンを毎号購入している。 いつもだと、買っても積ん読にしていることが多いから、「毎号購入者」ではあるけれど、「定期購読者」とは言い難い状態だった。 だから、このブログのエントリーでも、読み切れない言い訳ばかりしているのが…

SFマガジン~「ハヤカワ・SF・シリーズ」総解説特集で甦ってきたSF熱

サロマ湖100kmウルトラマラソンが終わって、はや一週間以上が経つ。 当日の天候対策が甘く、不本意な結果に終わってしまったのは残念だけれど、それも実力。とりあえず、春の大目標が終わって、気分は楽になっている。 毎日の夜明けランこそ続けているけれど…

「ミステリマガジン」創刊60周年記念号!を読み耽った休日

今日は、久しぶりの休足日*1。 しかも、特に予定もなかったので、ふだん「積ん読」になっている雑誌や本にパラパラと目を通しながら、ゆったりと過ごしている。たまには、こういう週末もいい。 ミステリマガジン 2016年 07 月号 [雑誌] ということで、ミステ…

SFマガジン2016年6月号~特集:やくしまるえつこのSF世界

昨日のエントリー(サプライズ!PKD)を書き終えた後、ふと、思い出した。 そう言えば、SFマガジンの最新号を紹介し忘れていたなぁ…と。 最新号といっても、発売は先月の4月25日。今更すぎるにもほどがあるし、しかも、まだ、パラパラと目を通しただけで、ろ…

「ミステリマガジン」2016年5月号~シャーロック・ホームズ 現在進行形

昨日は、偶数月の25日。SFマガジンの発売日。 ということで、会社帰りにSFマガジンを買い、今回こそは早めにブログで紹介しよう…と思っていた時、ふと気がついた。 そう言えば、先月25日発売のミステリ・マガジンを、まだ全く読んでいない…そして、ブログに…

男性誌だけど、餃子女子も必読!あの「Pen」で、1冊まるごと おいしい餃子特集だーっ!

いつもの夜明け前ランの帰り道。 僕は、立ち寄ったコンビニで、この表紙を見て震えてしまった。 Pen(ペン) 2016年 4/15号 [1冊まるごと おいしい餃子。] 今日発売ということは、ずっと前からわかっていた。 表紙のデザインも知っていたけれど、いざ実際に見…

「東京マラソンストーリーズ」発売!で、甦ってきた2012~2015の感動

昨日発売。 この1冊には、東京マラソンの歴史が詰まっている。 オンラインでの3,000部限定発売ということで、僕は予約購入したけれど、まだ入手可能のようだ。

SFマガジン「2015ベストSF&デヴィッド・ボウイ追悼」特集号

一瞬戸惑ってしまった。 先月の25日。SFマガジン発売日当日。いつものように、仕事帰り、大手書店に寄った時のことだった。平積みになっていたその表紙を見たとき、僕は、他の雑誌と見間違えたのかと思ったほどだ。 SFマガジン 2016年 04 月号 [雑誌] えっ?…

「デジモノステーション」の無料SIM、開通期限切れ…。

あーっ、と思った。 今日の夜明け前ランに出かける前、なぜか突然思い出したのだ。なんだかちょっと嫌な予感がして、雑誌を確かめてみると、やはり…。 昨日で期限切れだったorz この雑誌については、発売早々品切れが続出していたほど大人気で、僕も速攻で入…

「SFが読みたい!2016年版」

先週発売。 SFが読みたい! 2016年版 毎年楽しみにしている本なので、もちろんすぐに購入。 初年度、2000年版が出た時は、「このミステリーがすごい!」のSF版というようなイメージで、スポット刊行的なイメージもあった。 しかし、気がつけば、いつしか16年…

小鷹信光氏の凄さ。それに応えたミステリマガジン誌の素晴らしさ。

昨晩。書店でこの表紙を見た時、僕は唸った。 ミステリマガジン 2016年 03 月号 [雑誌] 表紙に大きく小鷹信光氏の写真。そして、大きく追悼特集が組まれていたからだ。 ミステリマガジン誌にとって、小鷹信光氏の存在が非常に大きなものであることはわかって…

SF篇とあわせて読みたい、早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔ミステリ篇〕

(承前) 当然のことながら、こちらも購入済。 Comic M 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔ミステリ篇〕 こちらの惹句は、「70年分の謎・トリック、名探偵」。

これは永久保存版だ!早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔SF篇〕

今日、1月22日発売。 しかし、一般的な単行本の場合、大手書店では発売日より前に並ぶのが慣例だということがわかっていたので、昨晩、早々にゲット! タイミングを逃すと、またずるずるといつもレビューが遅れてしまうので、今回は、興奮冷めやらぬうちにア…

SFマガジン2016年2月号

発売日から既に1ヶ月近く経過。 今更の紹介に、いったいどんな意味があるのか?と我ながら思う。隔月刊になってしまったから、今月は発売されないのだけれど、それでも遅すぎる。 しかし、この小部屋での、SFマガジン購入録*1は、もう8年以上も続けているの…

「500MB/月まで無料SIMつき」で「620円」なら、超お得な「デジモノステーション 2016年2月号」

凄い時代になったものだ。 SIMカードが付録についた雑誌は、これまでにも発売になっているけれど、今回、「デジモノステーション」に付属するSIMは、破格だった。

今年こそ読みたい「このミステリーがすごい!」受賞作たち

年末のミステリベストと言えば、これを忘れるわけにはいかない。 このミステリーがすごい! 2016年版 そう、「このミステリーがすごい!」だ。 今年は、奇しくも(?)ミステリマガジンの特集と、オレンジカラーでかぶった。今年のミステリトレンドは、オレン…

「ハヤカワミステリマガジン」〜ミステリが読みたい!

(承前) 本誌の特集も、忘れまい。 ミステリマガジン 2016年 01 月号 [雑誌] 1月号恒例になった、「ミステリが読みたい!」特集だ。

切なさがこみ上げた「小鷹信光ミステリマガジン」編集後記

「小鷹信光ミステリマガジン」第2号。 といっても、正確に言うと、1冊の雑誌ではない。創刊号同様、「ハヤカワミステリマガジン」に収録された雑誌内雑誌という体裁だ。 しかし、別途にしっかりした表紙が用意され、小鷹信光氏によるとびきりの記事が収録。 …

「SF宝石」いまむかし

SFマガジン購入時に訪れた書店で、偶然発見。 SF宝石2015 僕は、おぉ、また「SF宝石」が出たのか、と驚いて購入。 しかし、SFマガジン誌の書評に、内容が掲載されており、「あれっ?」と思って調べてみたら、2ヶ月も前に刊行されているものだった。 一…

SFマガジン2015年12月号〜第三回ハヤカワSFコンテスト受賞作発表!

読書の秋だ。 SFマガジン 2015年 12 月号 [雑誌] ということで、いつもエントリーが遅れがちなSFマガジンを、早々にご紹介させていただく。 発売は、一昨日の10月25日。山北峠走の帰り道、都内の大手書店に寄って購入した。ランニングの秋は、峠走で十分満喫…

首都圏の「おいしい餃子の店」探しに、究極の1冊が出た!

餃子好きならば、絶対に見逃せないムックが発売された。 おいしい餃子の店 首都圏版 (ぴあMOOK) その名は、「おいしい餃子の店」。

「ミステリマガジン」2015年11月号〜これが冒険・スパイ小説だ!

昨日、「キングスマン」のエントリーを書いているとき、ふと思い出した。 そう言えば、先月買った「ミステリマガジン」をまだブログで紹介できていなかったことを。いや、紹介どころか、まだほとんど手つかずなの状態になっているのだ。 今年から隔月刊に変…

《主要マラソン高低図一覧》特集のためだけでも、買う価値がある「ランニングマガジン クリール」

季節は秋。 日中は、かなり気温が上がる日もあるのだけれど、朝晩はとても涼しく、今朝の夜明け前ランでは寒さを感じたほど。絶好のランニング日和になってきた。マラソンシーズン到来だ。 気がつけば、僕にとっての秋初戦、福岡マラソンまで1ヶ月あまりにな…

シルバーウィーク中に読めなかったSFマガジン「伊藤計劃特集」

発売は、先月の25日。 S―Fマガジン2015年10月号 | 種類,雑誌,SFマガジン | ハヤカワ・オンライン: 明日でもう1ヶ月が経過してしまう。 SFマガジンは、今年から隔月刊になってしまったので、今月新しい号は出ないのだけれど、それにしても、今更紹…

シャーロックから天才数学者へ。ベネディクト・カンバーバッチの世界に染まった「イミテーション・ゲーム」に感服

今更だけれど、「シャーロック」に嵌まっている。 これは、シャーロック・ホームズを現代版にしたTVドラマで、数年前から大きな話題になっていたものだ。僕が定期購読している「ミステリ・マガジン」で、過去何回も特集されており、いずれも完売になっている…

「モナドの領域」をリアルタイムで読める幸せ

興奮が止まらない。 「駝鳥」に続いて、ついに、「モナドの領域」を入手することができたからだ。 もちろん、発売日にゲット。 「モナドの領域」が一挙掲載された「新潮」は、9月7日発売。僕はその日を指折り待っていた。 筒井先生自身が「わが最高傑作にし…

「モナドの領域」(の載った「新潮」)発売まで、あと3日!

楽しみで楽しみで仕方がない。 【NEWS】日付が変わって9月になったので、9月7日発売「新潮」10月号の表紙を初公開します。巻頭作品の作家からは「非常識なでかい字に驚愕」とコメントが… 新潮さんはTwitterを使っています: まさに圧巻の表紙デザインだ。

NY好きなら男でも買い!の「& Premium (アンド プレミアム) 10月号」

去年の今頃。 僕はマンハッタンにいた。3年ぶり、7回目のニューヨークを堪能しまくっていたのだ。セントラルパークの夜明けラン、ヤンキースタジアムでの野球観戦、タイムズスクエアの喧噪。何もかもが素晴らしくて、しばし、日常のつらさを忘れた。 今年は…

「ミステリマガジン」2015年9月号・幻想と怪奇特集

夏のミステリマガジンは、毎年恒例の「幻想と怪奇」特集。 例年は8月号で実施だったのだけれど、今年から、ミステリマガジンが隔月刊化され、奇数月発行になってしまったため、ひと月遅れ、9月号での特集となった。 ミステリマガジン2015年9月号 | 種類…

「ハヤカワ文庫SF総解説」(1〜2000)が遂に完結!

圧巻、だ。 2月25日発売のSFマガジン4月号を皮切りに、3号連続、延べ4ヶ月かけての総力解説。実に読み応えのある特集になった。 今年から隔月刊になってしまったことで、先行きを心配していた「SFマガジン」だけれど、今回企画は大当たりで、昨年の700号記念…

「ミステリマガジン」2015年7月号

すっかり紹介が遅くなってしまった。 ミステリマガジン2015年7月号 | 種類,雑誌,ミステリマガジン | ハヤカワ・オンライン:: 発売日は先月25日。 もちろん、いつもの通り発売日に勇んで購入したが、それから、はや2週間が経過…。

さよなら、週刊アスキー…。

とうとうこの日が来てしまった。 週刊アスキー6/9号 No1030(5月26日発売) - 週刊アスキー: こよなく愛読し続けてきた週刊アスキーが、ついに最終号を迎えてしまったのである。

「SFマガジン2015年6月号」は永久保存版!だけど、今回も…。

すっかり紹介が遅れてしまったけれど、もちろん、先月25日の発売日にゲット済。 S―Fマガジン2015年4月号 | 種類,雑誌,SFマガジン | ハヤカワ・オンライン: 本当は、入手後すぐに紹介させていただく予定だった。今号には、筒井康隆先生のトークイベ…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ