読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

海鮮13種、銘酒6種。今回も素晴らしかった「川治」の一夜

久しぶりの「川治」。 僕がこの店を訪れるのは3回目になる。初めて訪れたのは、去年の1月だった。その時の感動は、今でも忘れない。 とにかく美味しい海鮮の数々が、次から次へと提供され、コストパフォーマンスも抜群。 予約がなかなかとれない店、というの…

「お取り寄せ餃子焼き焼きの会」に酔いしれた1日(中編)

(承前) 餃子キターーっ! 僕は、思わず歓声を上げそうになった。 入手困難なため、これまで食べたことのなかったクロワッサン餃子。それが、見事な焼き色で目の前に現れたのだ。歓声を上げたくもなる。 実食。 実に独特な食感。クロワッサン餃子という名の…

福島遠征、4年目の夜明けランは…。(前編)

例年、この連休時期は、同僚たちと遠征旅行に行くのが常だ。 仲間内で、競馬POG*1というものを行っており、そのドラフト会議と競馬観戦がメインの企画なのだけれど、皆と僕とでは、少しだけ方向性が異なっている。 僕は、今、全く競馬をやらなくなってしまっ…

肉山に初登頂!

念願が、ようやく実現した。 昨晩、ついに僕は、肉山登頂を実現したのだ。 …と、書くと、登山ネタだと思われるかもしれない。このブログは、一応(?)ランニングネタ中心のブログとなっているので、トレイルランの記事と誤解される可能性もある。 しかし、…

「筒井康隆ワールドの過去・現在・未来」に参加!

新潮社創業120周年記念トーク。 ツツイストならば誰でも知っていることだけれど、筒井先生と新潮社の縁はとても深い。全集の発行元であることは言うまでもなく、一時期は、専属執筆契約を結んでいたこともあるほど。 だから、その新潮社の創業120周年トーク…

【筒井康隆自作を語る#3~「虚人たち」「虚航船団」の時代】イベントの夢心地

このイベントは、別格だ。 一昨年の11月。 去年の10月。 そして、昨晩。 こうやって書き始めてみると、また、あの夢心地が甦ってくる。僕は、この素晴らしいイベントに参加できたんだ!筒井先生の顔を間近で見て、トークを聴いたんだ! 興奮が、怒濤のように…

極上の席で酔いしれた、中島みゆきコンサート「一会(いちえ)」の夢心地

先週半ば、水曜日に鑑賞。 4日経った今でも、その余韻が冷めない。それほどまでに、感動のコンサートだった。 コンサートの開演開始は、18時半。仕事が終わってから駆けつけるには、結構厳しい時間だ。しかし、この日は、万難を排して向かうつもりだったので…

「絶品餃子三昧×三乗」で暮れる2015(その3:赤坂「みんみん」)

(承前) 餃子忘年会のトリを飾ったのは、赤坂「みんみん」だった。 餃界では、通称「赤坂みんみん」と呼ばれているけれど、赤坂の繁華街からは離れている。路地裏のひっそりした場所に佇む隠れ家のような店。 でも、いつも予約が絶えない超人気店だ。 外観…

「絶品餃子三昧×三乗」で暮れる2015(その2:阿佐ヶ谷「豚八戒」)

(承前) 豚八戒。 餃子好きであれば、一度は耳にしたことがある名前の店だと思う。店名の読み方は「チョハッカイ」なのだけれど、「猪八戒」ではなく、「豚八戒」と書く。 ここは、今後、餃子検定にも出題される可能性がある重要なポイントなので、しっかり…

「絶品餃子三昧×三乗」で暮れる2015(その1:立川「ぎょうざ工房」)

12月は、忘年会の季節。 公私共々、さまざまな会が催され、僕もいろいろメンバーに入っていたのだけれど、このブログで書き残しておきたい会は、3つだけ。 しかし、その3つの内容は、とびきり濃い。今でも、その感動が甦ってくるほどだ。 いずれも、僕が幹事…

「筒井康隆コレクションIII 欠陥大百科」に胸が熱くなる

(承前) 待ちに待った発売だった。 トークイベントの会場入口に並んでいたその本を見て、僕は胸が熱くなった。 このシリーズは、当初隔月刊で刊行される予定だった。 しかし、発売元である出版芸術社の事情により、大幅に発売が遅れ、第2巻の発売からこの第…

一言一句に酔いしれた「筒井康隆自作を語る#2」トークイベント

夢のようなひとときだった。 あぁ、参加出来て良かった。 僕は、ツツイストであることの幸せをあらためて噛みしめた。まさに至福の1時間半だった。

翌日走れなくなるほど堪能した、二度目の「蓮月」

昨日は、夜明け前ランも、ブログの更新も休んだ。 いつもの時間に起きられなかったし、目覚めたあとも頭がクラクラして、そんな気分になれなかった。典型的な二日酔いの症状だ。 二日酔いなんて、いったいいつ以来だろう。最近は、あまり飲めない身体になっ…

筒井康隆自作を語る#2「欠陥大百科」「発作的作品群」の時代、開催決定!

嬉しくて仕方がない。 Live Wire 15.10.17(土) 筒井康隆自作を語る#2「欠陥大百科」「発作的作品群」の時代 - Boutreview Onlineshop powered by mb-s cart: もちろん、すぐに申込完了。

東京餃子通信にしかできない!「餃子食べくらべ会」に喝采(完結編)

(承前) 極上のお取り寄せ餃子たち。そして、他では聞けない至高の餃子トーク。 東京餃子通信プレゼンツによる夢空間では、もうひとつ、大きな企画が並行展開されていた。 その名も、「餃子検定」だ。

東京餃子通信にしかできない!「餃子食べくらべ会」に喝采(後編。もしくは「日本全国ご当地餃子めぐり」編)

(承前) 東京餃子通信の守備範囲は、東京だけじゃない。 食べくらべに登場した、全国のお取り寄せ餃子で既に明らかなように、日本全国をカバーしている。さらに凄いのは、お取り寄せだけではなく、主宰の塚田さんが、実際に何度も現地取材を重ねていること…

東京餃子通信にしかできない!「餃子食べくらべ会」に喝采(後編。もしくは「東京で食べられる旨い餃子」編〜その2)

(承前) 少し、レビューのペースを上げよう。 今回に限ったことではないけれど、僕のレビューはいつも冗長すぎる。ひとたび感動すると、何から何まで書きたくなってしまう上に、まとめる力が決定的に不足しているので、どうしてもだらだらと長くなってしま…

東京餃子通信にしかできない!「餃子食べくらべ会」に喝采(後編。もしくは「東京で食べられる旨い餃子」編〜その1)

(承前) これまで、1,000件以上もの餃子記事がアップされてきた東京餃子通信。 そんな東京餃子通信編集長の塚田さんが選りすぐった、「東京で食べられる旨い餃子」の店を教えていただけるとのことで、僕は固唾を呑んだ。 オススメの店は、いくつかのジャン…

東京餃子通信にしかできない!「餃子食べくらべ会」に喝采(後編。もしくは「マツコにも教えなかった餃子の世界」編〜その2)

(承前)このイベントでは、餃子の潜在能力、凄さをあらためて実感した。 完全食であり、ダイエットにもなり、マラソンの補給食としても有効。それだけでも十分驚きだが、ここまでは僕も全く同感だし、理解できている範疇だった。 しかし、続いて塚田さんか…

東京餃子通信にしかできない!「餃子食べくらべ会」に喝采(後編。もしくは「マツコにも教えなかった餃子の世界」編〜その1)

(承前) この餃子食べくらべ会は、単に餃子を食べるための会ではなかった。 餃界の第一人者である塚田亮一さんが、餃子を語り尽くす会でもあった。僕は、塚田さんの、餃子に対する真摯な思い、溢れんばかりの餃子愛を心から尊敬している。 だから、そのお話…

東京餃子通信にしかできない!「餃子食べくらべ会」に喝采(中編)

(承前) 来たーっ! 餃子食べくらべ会の第一弾は、事前に、タレだけが出ていた浜松「かめ」の餃子だった。 参加者のテーブルそれぞれに、待望の餃子が、ひとつひとつ配られていく。午後1時を過ぎ、それまで何も食べずに待っていたため、お腹はぺこぺこだ。…

東京餃子通信にしかできない!「餃子食べくらべ会」に喝采(前編)

かつて、ここまで餃子愛に満ちあふれたイベントがあっただろうか。 昨日出席した餃子好きは、一生、この1日を忘れないだろう。まさに、「東京餃子通信」にしかできない画期的な企画。それほどまでに貴重な、素晴らしい体験だった。 僕がイベント会場に到着し…

絶品!圧巻!!5ヶ月待ちで酔いしれた「川治」の海鮮フルコース

「川治」の店構えは、とてもさりげない。 日本橋浜町の小路に、あまりにひっそりと佇んでいるので、ともすれば見過ごしてしまう。 実際、今年の1月に初訪店した時は、周囲が真っ暗だったこともあり、いったんは見逃してしまったほど。 しかし。そんなさりげ…

珠玉の餃子話と至福の餃子!餃界の方々に感激の一夜(後編)

(承前) 焼餃子キターーーッ! 僕は心の中で雄叫びを上げた。手作り餃子パーティーのエントリーと全く同じ展開じゃないか、と言われそうだけれど、そう思ってしまったのだから仕方がない。素直な感動に、多くの語彙は要らないのだ。

珠玉の餃子話と至福の餃子!餃界の方々に感激の一夜(前編)

(承前) 手作り餃子&中華パーティーの興奮醒めやらぬ翌日。 僕は、毎週ブルーな月曜のタスクを何とか切り上げ、会場へ向かった。僕は、僥倖にも、2日連続で素晴らしい餃子イベントにお招きいただいていたのだ。 場所は、東京・八重洲。東京駅からほど近い…

餃子&中華三昧パーティーに舌鼓の1日(後編)

(承前) 餃子キターーーッ! と、思わず太ゴチックで叫びたくなるほど、僕は感激した。ついさっきまで、皆で一緒に包んでいた、さまざまな形の餃子*1が、生命を吹き込まれて、目の前に並んでいる。 まさに手作り餃子ならではの感動だ。ちょっと、よく焼き*2…

餃子&中華三昧パーティーに舌鼓の1日(前編)

一晩経った今でもお腹が苦しい。 出てくる料理が、どれもこれも美味しくて食べまくり、それにあわせて、ビール、紹興酒、チューハイも飲みまくってしまったからだ。 昨日は、早朝30km走ったのだけれど、その消費カロリーを完全に上回り、今朝は昨日より体重…

中島みゆき「夜会VOL18.橋の下のアルカディア」会場フォト&曲目レポート

(承前) あれから、もう1週間が経ってしまったのか。 あの、夢のような時間から。 しかし、僕はまだあの感動をまとめきれずにいる。とりあえずの感想をつらつらと書き連ねることは可能だけれど、ネタバレが心配だ。今は公演の真っ最中であり、ネタバレにな…

中島みゆき「夜会VOL18.橋の下のアルカディア」鑑賞から一夜

昨晩の余韻が残ってる。 いつものように夜明け前ランをしている間も、昨日聞いた歌たちが、さまざまなシーンたちが、脳裏に次々と浮かんできた。 中島みゆき 夜会 VOL.18: あぁ、僕はついに、「橋の下のアルカディア」を見ることができたのだ!

豚八戒アゲイン!2ヶ月待つだけの価値がある特別室で、夢心地の4時間半

至福の一夜だった。 こんなに飲んだのは、いつ以来だろう。出てくる料理が何もかも素晴らしくて、酒と話が止まらない。時間を忘れるほどの幸せ。大袈裟ではなく、それぐらいの感動。 何しろ、9月に予約して以来、この日が来るのを指折り数えて待っていたのだ…

全ツツイスト必携。3食抜いても買うべし!「筒井康隆コレクション」がアツすぎる!!

(承前) 感動と興奮の坩堝だった筒井康隆先生のトークイベント。 「日本SFの幼年期を語ろう」と題されたそのイベントは、もともと、この商品の発刊記念として行われたものだった。 筒井康隆コレクション。 全7巻に及ぶ、全ツツイスト必携の書だ。書店などで…

筒井康隆先生トークイベント「日本SFの幼年期を語ろう」に参加!

丸一日たった今でも、至福の気分に浸っている。 あぁ、SFファンで良かった。ツツイストで良かった。 あらためて、そんな思いがこみ上げる。休憩を挟んで2時間のロングトーク。夢のようなひとときを、僕は一生忘れないだろう。

最高の一夜だった「筒井康隆先生 朗読会」イベント(後編:ツツイストナイト in 新宿「東順永」)

(承前) 筒井先生の朗読は本当に素晴らしく、僕は、イベント後もしばらく夢心地の状態だった。 そのままひとりで喜びを噛みしめるのもいいけれど、その素晴らしさを語り合える仲間がいれば、もっと楽しい。ましてやそれが、ツツイスト仲間であれば尚更。 と…

最高の一夜だった「筒井康隆先生 朗読会」イベント(前編:最前列での60分の至福)

一晩たった今でも、興奮が冷めない。 それほどまでに、素晴らしい朗読だった。 高い競争率の抽選をくぐり抜け、このチケットをゲットできて以来、僕は、指折り数えて当日を待っていた。

「筒井康隆先生朗読会」当選!

最高の吉報だ。 今回の朗読会は、定員がたったの150人となっており、非常に狭き門だった。 AsahiNetの筒井先生会議室では、並み居る大御所ツツイストの皆さんが、続々と落選報告をあげられていたため、相当に高い倍率だったのだと思う。だから、僕も当然外れ…

久しぶりの餃子祭り@赤坂みんみん

連日FuelBandのことばかり書いていて、ちょっと飽きてきたので、気分転換w 昨晩は、赤坂みんみんでの餃子祭りイベントに誘っていただいたので、その写真を並べて、心を癒しておこう(^^; いつもと変わらぬ、独特の佇まい。 昨日は大盛況で、ほぼ予約客で埋ま…

石原さとみの可愛さと名選手たちの楽しいプレーに酔いしれた夜

昨晩。8月4日。 仕事上の知り合いの方から誘っていただき、このイベントに赴いた。 サントリードリームマッチ 2014。 プロ野球を引退した往年の名選手たちによる「夢の球宴」で、1995年から毎年実施されており、今年で19回目の開催。僕は初めての参加だった。…

テレビ朝日の「スーパーJチャンネル」に出た!僕らのお台場BBQ大会

サプライズは、宴の途中でやって来た。 テレビ朝日ですが…。ちょっとよろしいですか?と声をかけられたのだ。 時は昨日。7月26日。場所は猛暑のお台場。とりあえず、サプライズに至るまでの出来事を、写真で簡単に振り返ってみよう。

SFの国でゲットした宝物たち

(承前) 今回、SFの国で何としても入手したかったのはこれだった。 iPhoneは、例によってサイズ比較用。 見ての通りのミニブックだが、小さいながらもその内容は凄い。帯の惹句通り、「日本SF御三家 夢の共演!」の「超」豆本なのだ。 「きつねこあり」とい…

日本中のSFファンに勧めたい「SFの国」探訪(後編)

(承前) 「SFの国」探訪に、パスポートは不要。 このチケットさえあればいい。 入国代は800円かかってしまうが、それだけの価値があるイベントだと思うし、SFファンならば、絶対に後悔しない、筈。

日本中のSFファンに勧めたい「SFの国」探訪(前編)

京王線、芦花公園駅。 京王線は、学生時代に毎日利用していた。 だから、僕にとっては、とても懐かしく、愛着のある路線だったが、この駅で降り立つのは、今回が初めてだった。 降りた理由は、ただひとつ。この駅の近くで、とあるイベントが開催されていたか…

大好きな「一味玲玲」で餃子三昧の宴(後篇)

(承前) 最初に登場したのは、ニラの水餃子だった。 これだけは明確に覚えている。 しかし、この後は、順番など何も覚えていない。餃子が出てくる毎に、もちろん撮影はしたけれど、外見上の区別が難しく、あらためて写真を眺めてみても、どれがどれやら…と…

大好きな「一味玲玲」で餃子三昧の宴(前篇)

僕が、これまでの生涯で訪れた餃子店は、たぶん100軒を超えている。 その中で、好きな餃子店を10軒上げろ、と言われたら、「一味玲玲」は、まず絶対落ちない。5本の指でも、多分入ると思う。それぐらいお気に入りの店だ。 だから、このブログでも、これまで…

ツツイスト冥利に尽きた「創作の極意と掟」刊行記念イベントの感激(完結編)

(承前) イベント終了後。 「関係者の方は、奥の入口にお進み下さい。」とのアナウンスがあった。僕は、今回、光栄にも関係者枠の末席に加えていただいていたため、そのアナウンスに従って進んだ。 すると。 そこには、華やかなパーティー会場が用意されて…

ツツイスト冥利に尽きた「創作の極意と掟」刊行記念イベントの感激(後篇)

(承前) イベントの後半は、筒井先生が自作を朗読してくださる企画が組まれていた。 朗読作品は、2006年に、文藝春秋から刊行された短編集「壊れかた指南」収録の…。

ツツイスト冥利に尽きた「創作の極意と掟」刊行記念イベントの感激(中篇)

(承前) 2日経った今でも、あの時の感動がこみ上げてくる。 イベント中の写真撮影は厳禁とされていたので、単なる椅子の写真となってしまった*1が、それでも十分興奮が甦ってくるのだ。 「あぁ、あの席に先生がお座りになり、そして語って下さったんだなぁ…

ツツイスト冥利に尽きた「創作の極意と掟」刊行記念イベントの感激(前篇)

この色紙は、僕の家宝だ。 今回イベント会場限定販売の、超レアな直筆色紙。 たった十数枚しか販売されないという情報を聞いていたので、僕は、開場と同時に即ゲット。その後、あっという間に売り切れてしまっていたから、本当に、入手できてよかった。 そも…

『ラーメンと入浴剤とデザイン パラダイス山元×秋山具義 トークバトル』写真レポート(後編:奥深き哉、ラーメンとデザイン)

(承前) ラーメントークの口火を切ったのは、パラダイス山元さんだった。 まずは、秋山具義さんがパッケージデザインを手がけられた「正麺」を紹介。 パッケージデザイン、コンセプト、味。全てにおいての先駆け商品であり、大ヒットとなったことを賞賛され…

『ラーメンと入浴剤とデザイン パラダイス山元×秋山具義 トークバトル』写真レポート(前編『Mam Jun Toh』ができるまで)

昨日、1月26日は「いい風呂(126)」の日だった。 それを記念して、再び、あの素晴らしいイベントが開催されることになった。パラダイス山元さん×秋山具義さんによるトークセッションだ。 その名は、「ラーメンと入浴剤とデザイン」。 昨年10月イベントのタ…

入浴時間の至福が倍になる蔓潤湯(Mam Jun Toh)の圧巻

お風呂は楽しい。 特に、これからの季節は尚更。僕は、夏でも湯船に浸かりたいほどお風呂が好きなので、寒くなってくるシーズンの入浴時間は、いつも至福だった。 だから、昔から入浴剤にはこだわっていた。いや、こだわっていたつもりだった。しかし、昨年…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ