読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「モモは、餃子だ!」と、実感した、ネパール家庭料理の宴 in TAAL(駒込)

東京、駒込の閑静な住宅街に、ひっそりとその店は佇んでいた。 店の名は「TAAL」。 僕は、昨晩、同僚とこの店を訪れた。クーポンサイトのGROUPONで、お得なクーポンをゲットしたからだ。

何から何まで素晴らしい!「東京ウルトラマラソン」イベントに酔いしれた1日(後編)

(承前) 40kmを走った後。 「こあしすエイド」と名付けられた、その地に辿り着いて、「それ」を見た時、僕は思わず雄叫びを上げそうになった。 サプライズ!水餃子!! 餃子来たーーーっ! まさかの水餃子登場だ。 走り始めてすぐの頃、常連の方から「エイ…

朝から餃子ラン!のススメ(その4:フィニッシュ!の感動が増幅する「龍門」の超絶餃子)

(承前) 時刻は、午前11時半過ぎ。 走った距離は、47km超。日射しが高くなって気温も上がり、肉体的にも精神的にも厳しくなっていたが、もう、ゴールは近い。 僕は、ひたすら、ゴール地点の店を心に描きながら、足を進めて…。 着いた! その名は、「龍門」…

朝から餃子ラン!のススメ(その3:皇居、上野公園、銀座を抜けて…。)

突発的に思いついた、早朝からのひとり餃子ラン企画。 そんな時間に開いている餃子店は限られているので、僕は、予め3軒だけは決めていた。 その1軒目が…。 24時間営業の中国茶房@新宿。ここでたっぷり水餃子を堪能。 そして、2軒目が…。

朝から餃子ラン!のススメ(その2:「東瀛(とうえい)」野菜餃子の痛恨)

その日、家を出たのは5時台だった。 10km程度走ったあと…。 水餃子を補給。 朝からちょっと食べすぎなんじゃないか?と思うぐらい食べたので、お腹は十分満たされた。 そこから、都内のストリート、公園などをいくつか巡りながら、僕はランを続けた。2軒目に…

朝から餃子ラン!のススメ(その1:「中国茶房8」の肉汁たっぷり水餃子)

ずっと、リベンジがしたかった。 今年のGW(Gyoza Week)に、餃子の街・宇都宮まで100kmを走りきったのに、なんと、餃子を食べることができなかったからである。 このエントリーを読み返してみると、切なさが甦ってくる。 ということで、先週末、ふと、その…

「東京~宇都宮ウルトラマラソン」完走!したのに、『餃子なし』の想定外(後編)

この前編部分で走った距離は、約50km超。 かかった時間は、約6時間。4号線に入るまでちょっと迷ったし、信号やコンビニエイドでのロスを考えれば、悪くないペースだ。 僕は、雄大な利根川の情景を眺めながら、しばし感慨に耽った。 利根川を超えると、ちょっ…

「東京~宇都宮ウルトラマラソン」完走!したのに、『餃子なし』の想定外(前編)

「東京~宇都宮」間の距離は、約100km。 一般的なウルトラマラソンの距離と同じだ。 僕は、毎年6月に、サロマでその距離のレースを走っている。 餃子の街、として名高い宇都宮。 だから僕は、いつか宇都宮まで走って、心ゆくまで打ち上げ餃子に浸りたい!と…

餃子とワインに溺れたGW!「僕と餃子の金曜日」で至福の宴(Final:TO GO,TO DOME!)

5月3日、祝日。 GW(Gyoza Wine)Partyの翌日。 僕は、久しぶりに軽い二日酔いになった。もちろん、前夜にかなり飲み過ぎてしまったのが原因。でも、とにかく楽しい夜を過ごせたので、後悔はしていない。 幸いこの日は完全オフ。今年のゴールデンウィーク…

餃子とワインに溺れたGW!「僕と餃子の金曜日」で至福の宴(その3 Gyoza&Wine!)

ということで… 無事に下見を終えた僕は、いよいよ、イベント当日を迎えた。 今回のメンバーは、ラン仲間を中心に、総勢11名。店舗2Fの貸切空間は、そんな人数にぴったりの広さで、まったり、のんびりとくつろげる場所だった。 メンバーは、三々五々揃ってき…

餃子とワインに溺れたGW!「僕と餃子の金曜日」で至福の宴(その2 下見編…の続き)

本当は、昨日のエントリー で、下見については書き切るつもりだった。 しかし、昨日は未明からロングランに出てしまったので、ちょっと時間がなくなってしまった。決して、無理矢理引っ張っているわけではない、と思うw ということで、続き^^; 餃子キターー…

餃子とワインに溺れたGW!「僕と餃子の金曜日」で至福の宴(その1 下見編)

餃子ブーム、が来ているのだろうか。 都内各所で、餃子バルがあちこちにできているようだ。僕はこれまで、餃子バルにはあまり行ったことがなかったのだけれど、友人に誘われて、3月に訪れた。 ここの店がなかなか良かったので、別の餃子バルに行ってみたいと…

本蓮沼「台北 餃子専門店」で、アスリート御用達のスタミナ中華を堪能!(驚異のニンニク編)

餃子専門店の看板は、ダテじゃない。 …と思いながら、僕らは、その他の料理も注文してみることにした。 メニューは、店のオススメという形で店内のホワイトボードに掲示されていた。 事前に、Webなどで調べていた口コミ情報などを参考に、いくつか注文。 台…

本蓮沼「台北 餃子専門店」で、アスリート御用達のスタミナ中華を堪能!(餃子&小籠包編)

GW(Gyoza Week)直前に訪問。 店の名は「台北 餃子専門店」。 都営三田線「本蓮沼」駅から徒歩1分。「蓮沼アスリート通り」沿いに、その店は、ひっそりと佇んでいた。 なぜ、ここがアスリート通りなのかというと…。

「行列のできる法律相談所」世界の渡部SPを見て沸き上がった「蔓餃苑」再訪の夢

まさに、GW(Gyoza Week)ならではの企画だ。 昨晩放映された、餃列、いや、「行列のできる法律相談所」世界の渡部SPには、興奮が止まらなかった。 何と言っても、僕が史上最高最強だと信じて疑わない、パラダイス山元さんの、あの、蔓餃苑の餃子が、テレビ…

GW(Gyoza Week)開幕!…だから読みたい新刊餃子本2冊プラスワン

いよいよ今日からGW。 一般的には、Golden Weekの略称とされているが、それだけじゃない。Gyoza Weekでもあるのだ。 GWは、日ごろの憂さを晴らすために、心置きなく餃子を満喫する週だと思っている。何を馬鹿なことを言っているのかと思われるかもしれな…

「噛むブレスケア ジューシーグリーンアップル味」がまとめて届いた!

サンプル百貨店「ちょっプル」で特売されていたので、ノータイムで注文。 餃界で、心置きなく生きていくための必需品(?)「ブレスケア」が、1個あたり123円で入手できるならば、これを買わない手はない手はないからだ。 ということで…。

iPhone 5SとSEで撮り比べてみた、「東亭」の絶品餃子

昨日は、3月12連勤の振替休日だった。 久しぶりの平日休暇ということで、僕は、もちろん…。 東亭に出かけた。僕が、東京で一番好きな餃子店だ。 この店は、営業時間が非常に厳しく、店内で食べられるのは、平日の月・火・木・金ランチタイム11:30~14:00のみ…

「パラダイス山元の飛行機のある暮らし」出版記念サイン会 in 餃子の満洲!の凄さと素晴らしさ

昨日、午後3時前。 荻窪「ぎょうざの満洲」は、穏やかに営業していた。 ランチタイムが終わった、午後の昼下がりということもあり、広い店内に、客は数組程度。普段ならば、夕刻までは、同じような情景が続いていたと思う。 しかし、昨日は、違った。 「パラ…

男性誌だけど、餃子女子も必読!あの「Pen」で、1冊まるごと おいしい餃子特集だーっ!

いつもの夜明け前ランの帰り道。 僕は、立ち寄ったコンビニで、この表紙を見て震えてしまった。 Pen(ペン) 2016年 4/15号 [1冊まるごと おいしい餃子。] 今日発売ということは、ずっと前からわかっていた。 表紙のデザインも知っていたけれど、いざ実際に見…

ランとiPhoneと餃子のステキな関係(後編:峠走の疲れが癒える、登戸「餃子舗 よしだ」のスタミナ抜群餃子)

前編のあらすじw 足柄峠走を終えた後、僕は麓にある「さくらの湯」で温泉を堪能した。 この温泉は本当に最高で、これがあるから峠走を頑張れる。僕は、今回もゆったりのんびりと寛ぐことができた。 が…ひとつだけ惜しい点がある。この温泉は、健康施設の中に…

ランとiPhoneと餃子のステキな関係(前編:久しぶりに足柄峠走へ!)

新ブログでの2日目エントリー。 昨日の朝は、単なる挨拶にとどまったので、実質的な初回となる今日は、ブログタイトルに相応しい(?)ネタで書いてみたい。 ちょうど昨日の話。夜明け前からブログの移行にとりかかり、初回エントリーを書いたあと、僕は山北…

友人に感謝!神田バル「パチパチ」で、3種餃子&豆乳餃子鍋コースを満喫

神田駅から歩いて数分。 ちょっと脇道に入ったところに、「神田バル横町」のネオンサインが光っている。 ここは、ひとつのビルの中が、バルの集合体になっていて、さまざまなバルが寄り集まっているのだけれど…。 その一角に、餃子バル「パチパチ」がある。

今度は餃子パーティーで満喫したい、川崎「餃餃者」の多種多彩餃子群(後編)

(承前) 餃子来たーーっ! 見事な羽根つき餃子だ。 まずは、ランチ用に作っていたものを、単品注文に変更してもらった「にら焼き餃子」が登場。単品メニューでは、1人前5個のようなのだけれど、ランチだと6個になるらしく、1個はサービスしますとのこと。店…

今度は餃子パーティーで満喫したい、川崎「餃餃者」の多種多彩餃子群(前編)

実に魅惑的な店名だ。 その名は、餃餃者。 「手作り餃子のお店」というコピーとともに、大きな「餃」の文字が2つ並ぶ店名には、溢れんばかりの餃子愛、そして自信を感じる。 この店の噂を聞いた時から、ずっと行きたかったのだけれど、川崎は、僕の生活圏か…

一時休業前に堪能できて本当に良かった、阿佐ヶ谷「豚八戒」の絶品五種餃子&火鍋

その噂を最初に聞いた時は、本当に驚いた。 僕がこよなく愛している餃子の名店、阿佐ヶ谷「豚八戒」が、この3月で閉店になってしまうと聞いたからだ。 ほどなくすると、「閉店」ではなく、「一時休業」であることがわかって、ちょっと安心したのだけれど、そ…

天下無双の東京餃子バイブル!「餃子Walker」を持って街に出よう!

今日、2月26日発売。 ということで、今日の夜明け前ランの途中、コンビニで早々にゲットした。 餃子Walker (ウォーカームック) 全餃子好き必携のムック、「餃子Walker」だ。 内容としては、2014年の11月に発売された「Tokyo Walker」11/25号の再編集版。僕は…

別府「湖月」で、2日連続(ローディング&打ち上げ)絶品餃子を堪能!

別大マラソン前日。 受付を終え、ランナーの広場で、杵つきあんこ餅2個とふぐ雑炊を食べ終えると、僕は、すぐに別府北浜に向かった。 そう、もちろん、今年も「あの店」に行くつもりだったからだ。 ぎょうざ「湖月」。 僕にとって、別府訪問の楽しみは、マラ…

飯田橋「パイロン」別館、『餃子工房』で餃子だらけの新年会!

いやぁ、美味しかった。楽しかったなぁ。 飯田橋「パイロン」の、9種レギュラー餃子をコンプリート!そしてめちゃめちゃ楽しい話の数々。あっという間の3時間だった。 パイロンは、都内でも屈指の餃子名店だけれど、これまでなかなか餃子イベントが企画しに…

2016年の抱負w

ということで(?)今年も抱負をたててみよう。 今更感が満載だし、誰得エントリーにはなるけれど、ここは僕の「言い捨て」ゾーンだし、自分に気合を入れる意味でも、やっぱり抱負は必要。ということで、性懲りもなく書いてみた。

2015年の抱負総決算

さぁ、2016年が明けた!と思ったら、もう11日目になっていた。 今更2015年の抱負を振り返るというのは、あまりに遅すぎると思うのだけれど、僕のズボラ癖は、いつまで経っても治らない。 ただ、まぁ、この3連休*1が明けるまでは、まだ新年モードということで…

(続)感想日記エントリーで振り返る2015年の餃子履歴

(承前) すっかり遅くなってしまった。 今更2015年の餃子履歴を書き綴るのも気が引けるけれど、下半期も色々な店に行ったので、これはやっぱり残しておかなければ。 まずは、7月下旬に初めて訪れた、この店から。 ■浜松町「万伝餃子」 店で一番人気だという…

感想日記エントリーで振り返る2015年の餃子履歴

感想日記シリーズ、第3弾w 今年も結構餃子を食べた。初めて訪問した店も多かったし、再訪した店でも新発見があったりした。また、餃子のイベント関連にも幾つか参加させていただいた。 だから、自分への備忘録も兼ねて、ここで、あらためて振り返らせていた…

「絶品餃子三昧×三乗」で暮れる2015(その3:赤坂「みんみん」)

(承前) 餃子忘年会のトリを飾ったのは、赤坂「みんみん」だった。 餃界では、通称「赤坂みんみん」と呼ばれているけれど、赤坂の繁華街からは離れている。路地裏のひっそりした場所に佇む隠れ家のような店。 でも、いつも予約が絶えない超人気店だ。 外観…

「絶品餃子三昧×三乗」で暮れる2015(その2:阿佐ヶ谷「豚八戒」)

(承前) 豚八戒。 餃子好きであれば、一度は耳にしたことがある名前の店だと思う。店名の読み方は「チョハッカイ」なのだけれど、「猪八戒」ではなく、「豚八戒」と書く。 ここは、今後、餃子検定にも出題される可能性がある重要なポイントなので、しっかり…

「絶品餃子三昧×三乗」で暮れる2015(その1:立川「ぎょうざ工房」)

12月は、忘年会の季節。 公私共々、さまざまな会が催され、僕もいろいろメンバーに入っていたのだけれど、このブログで書き残しておきたい会は、3つだけ。 しかし、その3つの内容は、とびきり濃い。今でも、その感動が甦ってくるほどだ。 いずれも、僕が幹事…

福岡マラソン前後に出会った餃子たち(その3 最高の友人たちと極上の宴)

感動の福岡マラソンから、気がつけば、もう1ヶ月も経ってしまった。 僕はもう、今年出走レースがないから、今はただ余韻に浸りながら過ごしている。福岡マラソンは、レースそのものも、レース後のおもてなしも素晴らしかったことは、以前のエントリーで書い…

福岡マラソン前後に出会った餃子たち(その2 「池ぽん」で炊き餃子ランチを堪能)

(承前) 炊き餃子。 博多発祥のスープ餃子だ。 折角福岡マラソンで博多に訪れているのだから、本場の炊き餃子を食べずには帰れない。僕はそう心に決めていた。 宿泊したホテルの至近で、炊き餃子の美味しい店があるという情報を入手し、さらにランチ営業も…

福岡マラソン前後に出会った餃子たち(その1 「旭軒」の超ひとくち餃子&めし)

2年越しの感動に酔った福岡マラソン。…から、気がつけばもう2週間も経ってしまった。 レース中、レース後のおもてなしの数々には本当に感動したので、来年も絶対に出たい、抽選に当たりたい、と祈るばかり。 そして、福岡の素晴らしいところは、もちろんマラ…

「油っぽさを落として焼く!」方が、僕好みな『王将の生餃子』

昨晩は、久しぶりに王将の生餃子を焼いた。 僕の個人的な生餃子ベストワンは、池袋「東亭」の餃子なのだけれど、入手の難易度が高い*1ため、常時ストックできないのが難点。しかし、王将の生餃子は、いつでも簡単に入手できるため、非常に便利だ。 冷凍して…

首都圏の「おいしい餃子の店」探しに、究極の1冊が出た!

餃子好きならば、絶対に見逃せないムックが発売された。 おいしい餃子の店 首都圏版 (ぴあMOOK) その名は、「おいしい餃子の店」。

極上のこだわり餃子たちに痺れまくった、立川「ぎょうざ工房」の至福(完結篇)

(承前) その名は、おつまみ餃子。 焼餃子スタイルではあるけれど、それまでの焼餃子とは全くビジュアルが異なっていた。

極上のこだわり餃子たちに痺れまくった、立川「ぎょうざ工房」の至福(後篇)

(承前) 美しい。 続いて登場した「味噌焼餃子セット」に、僕は唸ってしまった。 味噌仕立ての焼餃子5種類×2(計10個)の周りを、温野菜の焼き物が囲んでいる。そして中央には、味噌。野菜たちは、単に添えられているだけではなく、餃子5種をしっかり区切る…

極上のこだわり餃子たちに痺れまくった、立川「ぎょうざ工房」の至福(中篇)

(承前) 最初に登場したのは、ゆで餃子だった。 ビジュアル的には、それほどインパクトはなかったのだけれど、肉の旨味がしっかり感じられる味で、とても美味しかった。 皮も、もちもちだ。 僕らは、「お試しコース」を注文しており、3つの調理法で作られた…

極上のこだわり餃子たちに痺れまくった、立川「ぎょうざ工房」の至福(前篇)

立川駅南口から徒歩10分。 大通りから少し離れた小道の脇に、ひっそりと、しかし、瀟洒な店が輝いている。 その名は、「ぎょうざ工房」だ。 店はログハウス風の造りになっていて、僕は、入店前からとてもいい雰囲気を感じていた。

翌日走れなくなるほど堪能した、二度目の「蓮月」

昨日は、夜明け前ランも、ブログの更新も休んだ。 いつもの時間に起きられなかったし、目覚めたあとも頭がクラクラして、そんな気分になれなかった。典型的な二日酔いの症状だ。 二日酔いなんて、いったいいつ以来だろう。最近は、あまり飲めない身体になっ…

「餃子の王将」ぎょうざ倶楽部会員証、ハローキティバージョンをゲット!

危ないところだった。 気がつけば、昨日、9月30日がリミットだったからだ。 ということで、昨晩、退勤後の帰り道に餃子の王将へ駆け込んだ。ぎょうざ倶楽部の会員資格を得て、限定のハローキティバージョンのカードをゲットでき、ホッとしている。 ぎょうざ…

PowerShot SX610HSで撮った「豚八戒」の絶品餃子5種+α(完結編)

(承前) 夢空間「豚八戒」劇場の宴。さぁ、第二幕のスタートだ。 リフトから、続々と火鍋の具が上がってきた。 つくね、焼き豆腐、厚揚げ、がんも、湯葉。

PowerShot SX610HSで撮った「豚八戒」の絶品餃子5種+α(後編)

(承前) 餃子が来た! 豚八戒の絶品餃子5種、というエントリー名なのに、後編まで引っ張った(?)が、それだけに、今あらためて見ても、その感動はひとしおだ。 「華餃子」と名づけられた焼餃子は、その名前に負けないインパクトを持っている。美しい羽根…

PowerShot SX610HSで撮った「豚八戒」の絶品餃子5種+α(中編)

(承前) 今回で3度目になる「豚八戒」の2F。夢のような餃子の宴。 しかし、今回は、ちょっと様相が違っていた。僕らが夢空間に上がると、「今日の主役は餃子じゃないぞ」と言わんばかりな情景になっていたからだ。 テーブルの上には、2色に彩られた鍋と、そ…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ