餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

競馬

穴馬セラフィックロンプの激走に賭けるマーメイドS

今日の休日は、やりたいことが山ほどあるので、競馬は見送り予定だった。 重賞があるとは云っても、単なるG3のレースで、しかも混戦。新しい端末も購入してしまったことだし、今週は散財せずに、健康的に過ごすつもりだった。 しかし…ずっと狙っていていつも…

サンカルロとリーチザクラウンが気になる安田記念

アパパネの真価が問われるレースだと思う。 2歳戦を含めて牝馬4冠。前走では「あの」ブエナビスタを破った。牝馬において、ナンバーワン級であることは間違いない。しかし、牡馬相手の重賞実績がないことが、僕にはどうにもひっかかる。 「牡馬と同格」のブ…

フェイトフルウォーの秀抜スタミナに賭ける日本ダービー

さぁ、日本ダービーだ! と、以前だったらワクワクしていたところだったのだけれど、今日はどうにも気分が乗らない。雨模様ということもあるが、最近は競馬への興味が薄れつつあるという理由が大きい。 東日本大震災以降、しばらく馬券を買う気になれなかっ…

ヴィクトリアマイル

遂にやってきた2強対決。 ただ、正確に言えば「2強」ではなく「ブエナビスタ1強、続いてアパパネ」という評価が正しいと思う。同世代の牝馬相手にしか重賞を勝ったことがないアパパネに対し、ブエナビスタは、秋天圧勝、JC1位入線*1、有馬2着だから、格が違…

NHKマイルカップ

レース発走まであと1時間。 しかし、殆ど予想する時間がとれていない。最近の週末は、ランニング中心の生活になっているため、自然と競馬に接する時間が減ってしまっているからだ。また、東日本大震災以来、どうにも競馬への意欲が薄れてしまっているような…

天皇賞・春

いいメンバーが揃ったと思う。 現役最強になったヴィクトワールピサと女傑ブエナビスタこそいないものの、昨年のダービー馬、JC馬がいる。外国馬もいる。長距離重賞制覇組も挙って参戦。昨年は、G1馬がたった1頭だった*1ことを考えれば、雲泥の差だ。それも…

あぁ、リベルタス…。

悪夢、だった。 1ヶ月半ぶりに競馬参加して、まさかこのような結末になるとは思いもよらなかった。まだしばらくは、馬券購入を自粛すべきではないかという気がしてきた。

ノリの腕とディープの血に期待する皐月賞。リベルタス、来い!

3月6日の弥生賞以来、約1ヶ月半ぶりの競馬予想になる。 弥生賞は、いつもの如く外れたものの、いよいよ始まったクラシック戦線に胸は躍っていた。しかし、3月11日を境に、そんな思いは吹っ飛んだ。競馬どころではなくなってしまったからだ。当然の如く3月2週…

桜花賞…見送り。

あの大震災以降、馬券を買うのは止めていた。どうにもそんな気分になれなかったのだ。 ただ、今週の桜花賞は参加するつもりだった。春のクラシック第1弾。うら若き牝馬たちのスピード争い。数あるG1の中でも、5本の指に入るほど好きなレースで、毎年胸がとき…

世界に輝く日本馬の栄光。ヴィクトワールピサ、ドバイWCを制覇!

何かと重たいニュースが続く毎日だから、こういった出来事は嬉しい。 世界最高峰の賞金で知られる「あの」ドバイワールドカップを日本馬のヴィクトワールピサが制したのだ。ホクトベガの悲劇から14年。偉大なるダート王だった彼女に捧げる勝利であるとともに…

予想もしない、馬券も買わない日曜日

競馬に全く関心がわかない。 僕は、物心ついて以来、生粋の競馬ファンだったから、自分でも信じられない思いだ。心境の変化が激しすぎる。最近は、日曜重賞以外参加しなくなってしまったが、それでも開催中は常に気になっていたし、好きな馬の動向は常にチェ…

弥生賞

皐月賞トライアル。いよいよ牡馬クラシック戦線の幕開けだ。 今年は実に混沌としている。レーヴディソールという絶対的な女王がいる牝馬戦線に比べて、まだ主役と呼べる馬が見つからないからだ。 このレースにも、重賞勝ち馬が2頭出てきたが、どちらの馬も絶…

中山記念

今年で第85回を迎える伝統のレース。 昨年こそ超大荒れになったが、基本的には堅いレースだ。今年のメンバーならばヴィクトワールピサが抜けている。昨年末の有馬記念に出走した3着、5着、6着馬が今年に入って重賞を完勝中。チャンピオンホースして、ここは…

フェブラリーS

胸躍る、2011年の初G1。 …の筈なのだけれど、どうにも気持ちが乗らない。毎年書いているけれど、スタート直後から100メートル近くも芝を走るというのは、どう考えても釈然としないからだ。平場のレース等ならいざ知らず、仮にもG1を名乗っておいて、いつまで…

共同通信杯

クラシックに繋がる重要なレース。 レーヴディソールという絶対の核がいる牝馬戦線と違って、牡馬はまだまだ混戦傾向。どの馬にもチャンスがあるとみた。今日はちょっと、予想する時間も資金もないため、簡単に。 本命は、オンリーザブレイヴ。

東京新聞杯

考えれば考えるほど目移りする。 昨年春のマイル王ショウワモダンは、復調気配と言われても、60kgの酷量かつ大外枠で鮮やかに復活するイメージが浮かばない。マイルCS2,3着馬は強力だが、展開が嵌ったような印象もある。もちろん、素直に考えれば相対的に実…

抱負の進捗状況w

気がつけば、いつしか2月になっていた。 ついこの間、年が明けたばかりのような気がするのに、もうひと月が経過しているなんて信じられない。僕も歳をとるわけだ。今日は2月3日。節分。恵方巻きの日じゃないか。(食べないけど) 2月は、たった28日間しかな…

京都牝馬ステークス

今日は、馬の走りよりも、自分が走ること*1の方が気になるので、正直競馬どころではない。 予想する時間も殆どなかったので、今日はおとなしく見送るのが吉。それはわかっているのだけれど、そう思ってもスルーできないのが悲しい性だ。 いつもはじっくり(…

アメリカジョッキークラブカップ

本命はサンライズベガ。 昨年のオールカマーでは、シンゲン、ドリームジャーニー、トウショウシロッコという面々に対し、僅差の4着に粘った。休み明けは苦にしないし、鞍上ベリーも不気味。アドマイヤベガ産駒はこのレースに強く、4年連続で馬券圏内に食い込…

京成杯

春クラシックに繋がる、重要なレースだ。 皐月賞と同距離同コースで行われるだけに、最近の勝ち馬は、挙って皐月賞でも活躍しているが、昨年のエイシンフラッシュに至っては、皐月賞3着のあと、ダービー馬にまで上り詰めてしまった。 ということで、今年も当…

シンザン記念

注目は、牝馬ドナウブルー。

2011年の抱負w

僕は基本的にズボラな人間なので、なかなか計画通りに物事を進められない。 粘り強さを身上として、最後に追い込んで乗り切ってしまうことが多いのだけれど、追い込み切れずに後悔したことも多々ある。それはそれで仕方ないと思ったりもしたが、僕もいい歳に…

25年目で掴んだ栄冠。横山典弘、初の全国リーディング獲得!!

最後の最後まで安心できなかった。

有馬記念

ブエナビスタの軸は動かない。 もちろん秋2戦の激走は心配だし、前走でケチがついたのは縁起が良くない。しかし、秋天、JCと見て思ったことは、「希代の名馬」であるという事実。少なくとも、現役馬の中では抜けている。「単なる強い馬」は、勝ったり負けた…

朝日杯フューチュリティステークス

痛恨だ。 いつもなら、スポーツ紙の朝刊を見ながら最終検討するのだけれど、今日は早朝から出発する予定があるため、それができない。情報源は、他にいくらでもあるとはいえ、いつもの検討材料を得られないまま予想するというのは、ちょっと不安が残る。まぁ…

阪神ジュベナイルフィリーズ

ここ4年の勝ち馬は壮観だ。 ウオッカ、トールポピー、ブエナビスタ、アパパネ。牝馬クラシック直結なのは言うまでもなく、年度代表馬や三冠牝馬まで輩出している。以前は、あっと驚くような馬が勝つこともあったのだけれど、阪神競馬場が改修になって以来、…

ジャパンカップダート

外国馬がいない。 エスポワールシチーがいない。サクセスブロッケンもフリオーソもスマートファルコンもいない。これが本当に「国際G1」のレースなのだろうか。残されたメンバーを見渡すと、G3戦かと思うほどだ。しかし、どんなに寂しいメンバーでも、1着賞…

ジャパンカップ

非常に苦手なレースだ。過去、当てた記憶がない。 ただでさえ馬券下手なのに、さらに苦手とあっては、予想自体を見送った方がいい気もする。しかしもちろんそんなことはできないので、やぶれかぶれで予想する。 この秋は、4着地獄*1に陥っていて、どうにも歯…

マイルチャンピオンシップ

大激戦。 4連勝中とはいえ、前走でG3重賞を勝ったばかりのダノンヨーヨーが前売1番人気になるぐらいだから、その混戦ぶりがうかがえる。例年であれば、良くて3〜4番人気の実績の筈だ。 G1馬こそ多数出走しているが、どの馬も決め手に欠ける。春の王者ショウ…

エリザベス女王杯

穴馬中の穴馬はムードインディゴ。 忘れた頃に走る典型的な大穴ホースで、牝馬限定の広いコースでしか狙えない。秋華賞2着などの実績もある。鞍上が川田に変わったのも魅力。 ただ、この馬がこれまで馬券に絡んだのは450kg〜460kgの時だけ。しかし、調教後に…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ